ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ディグダグ

でぃぐだぐ

ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から誕生したアーケードゲーム。および、本作に登場する主人公の名称。
目次 [非表示]

概要

1982年3月にナムコが発売したアーケードゲーム。キャッチコピーは『戦略的穴掘りゲーム』。

地中を荒らすモンスター『プーカァ』と『ファイガー』を、ドリルに搭載されたポンプでプクプクポン(破裂)させたり、岩を落とし潰して倒す画面固定型のアクションゲーム。

ディグダグ


現在は一部のナムコミュージアムWii3DSバーチャルコンソール等でプレイすることも可能。

また、アレンジ作品の『ディグダグ アレンジメント』や、続編にあたる『ディグダグⅡ』,『ディグダグ ディギングストライク』等も登場している。


後に、主人公が『バラデューク』の主人公KISSY(トビ・マスヨ)の夫となり、『ミスタードリラー』シリーズの主人公ホリ・ススムの父親ホリ・タイゾウであるという後付設定が作られた。

この為かDS版では世界観がドリラーと同じになり、ススムとアタルも登場しているというドリラーシリーズのスピンオフ作品とも言える。


アイテム

面ごとに数個配置されている。

下を掘るとグラグラ揺れてから落下し、真下にいるモンスターを潰す。まとめて倒すと大得点が手に入る。また、自分が潰される場合もある。


岩を2つ落下させることでスタート位置に出現。全部で11種類。

その名の通りベジタブル(野菜)が登場するが、なぜか野菜と無関係なターゲットも存在する。

ラウンドが進むごとに高得点になるので、高スコアを目指すなら必要不可欠ともいえる。


地上に咲いており、現在のラウンド数(面数)を示している。

10面ごとに大きい花が咲く。


関連作品

開発段階での名称が『ディグダグ3』だったことから子作品とも言える作品。

主人公ディグダグがホリ・タイゾウとして登場している。


主人公がホリ・タイゾウとして登場。

(というか、スタッフがディグダグを出したくてミスタードリラー用の後付設定を使ったという話があるらしい。)


ナムコスターズの選手として登場。


辞書に「ディグダグ【Dig Dug】」が収録されている。

『穴をほる、ナムコの懐かしのゲーム。』

また、デラックス版ではナムコスペシャル1にプーカァの形をしたステージがあり、辞書のナムコスペシャルステージでのみ使用できる言葉にはベジタブルターゲット(「かぶ」や「きのこ」等),用語の一部(「たてあなおとし【たて穴落とし】」等)が収録されている。


ゲーム・セントラル・ステーションにてカメオ出演。

プーカァファイガーも一緒に登場している。


関連イラスト

必殺・岩落とし(命中率悪し…)ホリタイ・・・・ゾウ

ディグダグ穴掘って冒険してきます~


関連タグ

関連記事

親記事

ナムコ なむこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 844986

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました