ピクシブ百科事典

デスウォッチの時貞

ですうぉっちのときさだ

デスウォッチの時貞とは、アニメ「聖闘士星矢Ω」のキャラクター。

概要

『Ω覚醒編』において、実は十二宮の戦いから生還していたことが判明。
2級刻闘士・デスウォッチの時貞として、刻闘士陣営に付いていた。更なる時の力を手に入れた、無敵・不死の存在として、「時の王」を自称している。

時間の果てで栄斗に敗れた後、“あのお方”と呼ばれる謎の存在から力をもらい、二級パラサイトとなり時間の概念を超越した能力を身に着けた。
時貞はこの件が「パラスとアテナの戦いの引き金になった」と語っており、恐らくは一輝の追っていた「黒幕」が、“あのお方”の正体ではないかと思われる。
元々時間の果てで力を得た時貞は、テンションがかなりハイになっていたが、栄斗に敗れた屈辱から、その人格は更に歪んでしまった。
そこに“あのお方”の力が加わったことによって慢心が重なり、格上のはずの一級パラサイトにも不遜な態度を取るなど、この回の脚本家の前例に漏れず、何かと強烈な悪党へと変貌している。
こうした態度をガリアは「人間らしい醜さだ」と面白がっていたが、アイガイオンは「進歩のない者はつまらない」と蔑んでいる。

第80話において、パラスの城に侵入した栄斗、エデンの3人を迎え撃つ。彼の待ち受けていた部屋には、その能力を象徴するように、多数の時計が浮かんでいた。
新技・クロノイモータルで自身の時間を停めることで、いかなる攻撃をも無力化し、3人の青銅聖闘士達を追い詰める。
しかし何故か昴の放った渾身の一撃だけは、この時間の壁を突破し、時貞にダメージを与えていた。時貞はこの時の昴の小宇宙に、“あのお方”の面影を感じて動揺。自分の想像を否定すように、昴を始末しようとした。

しかしその時、ここに至るまでの通路で、雑兵の相手を引き受けていた氷河が駆けつける。
ここで水瓶座の黄金聖衣に縁ある者同士・同時に原子を止める力を持つ者同士の、因縁浅からぬ戦いが幕を開けた(この時、彼は氷河の師匠をカミュと認識していた。クリスタル先生ェ…。)。
時貞の力はオーロラサンダーアタックをも一度遮り、その力を誇った時貞は、かつて自身が新・十二宮での戦いで纏っていた黄金聖衣を「この力には及ばない鉄くず」と吐き捨てた。
だがこれが氷河の怒りを買ってしまう結果へと繋がり、その慢心により停滞した精神を指して、「これまで対峙した敵の中で最も弱く容易い敵」と蔑まれる。
そのままカミュから受け継いだ最大奥義・オーロラエクスキューションにより攻撃を凌がれ、更にその状態から、同じくカミュの技であるフリージングコフィンを喰らい、氷の棺の中に閉じ込められてしまった。
こうして時貞は、不死身の肉体を持つのなら、絶対零度を超える凍気で未来永劫閉じ込めてしまえばいいという、強烈な皮肉を込めた敗北を味わうことになった。
氷河曰く、「勝てたのは聖闘士としてのキャリアの差」とのこと。一方この時、昴は「時間は人を強くする」と意味深な台詞と不敵な笑みを浮かべ、エデンらからますます警戒されている。

武器はデスウォッチと呼ばれるもので、杖状のものに大きな時計が付属している。
刻衣のデザインは水瓶座聖衣のアレンジになっているものの、一見すると元のデザインが分からないほどに悪魔的な形状へ変貌しており、やはり彼女を連想してしまう。

pixivに投稿された作品 pixivで「デスウォッチの時貞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8

コメント