ピクシブ百科事典

ドラゴンナイト(仮面ライダー)

どらごんないと

ここでは、仮面ライダー龍騎のリメイク作品『仮面ライダードラゴンナイト』に登場する主人公キット・テイラーが変身するドラゴンナイトについて解説する。
目次[非表示]

概要

キット・テイラーが自宅で見つけたカードデッキで変身した赤龍の戦士

当初はデッキがアドベントモンスター契約されていなかったため、本来の力が全く発揮できなかったが、父親のフランク・テイラーの助言の元、アドベントビースト・ドラグレッダーと契約。
訳も分からぬまま、侵略者・ゼイビアックス将軍の魔の手から地球と地球の並行世界であるベンタラを救うための戦いに身を投じる事となる。専用マシーンはドラゴンサイクル
キットは戦いに関して全くのド素人であった為、ウイングナイトから厳しすぎる実戦訓練が施された。

当初は、キットがまだまだ未熟であった事や、他のライダーたちをベントする事に躊躇していた事もあり、なかなか実力を発揮出来なかったが、彼の意思を尊重したベンダラ唯一の生き残りのライダーであるレンとの交流で経験を積んで行き、後にレンを始めとするベンダラの戦士たちも認める立派な戦士へと成長して行く事となる。

彼の実家に契約が解除されたカードデッキがあった理由と、彼の身の回りで起きた身に覚えのないトラブルの原因については、終盤で判明する

初代ドラゴンナイト

ベンタラにおけるキットと同一の存在・アダムが変身する先代ドラゴンナイト。
終盤からはキットが使っていたカードデッキを受け継ぎ、戦いへと身を投じる事となった。
その後、ゼイビアックスと完全決着が付いた後、ユープロンに契約を解除してもらうと、正式にライダーから引退。恋人のサラと共に普通の日常へと戻っていった。
なお、主な必殺技やスペックについては元となった龍騎を参照されたし。

ドラゴンナイト・ブランクモード

キッドが未契約状態のカードデッキを使って変身したブランク体
原典同様にこの状態では全くモンスターには歯が立たない為、ディスパイダーとの初戦において、レンの変身したウィングナイトを見よう見まねで立ち向かうが、やっぱりライドセイバーは原作同様に折れてしまった

僕自身を勝ち得るため


ドラゴンナイト・サバイブモード

物語の中盤、ケイスから託されたドラゴンナイト専用のサバイブのカードを用いて変身したドラゴンナイトの最強形態。

関連項目

龍騎 キット・テイラー アダム 仮面ライダードラゴンナイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンナイト(仮面ライダー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 762

コメント