ピクシブ百科事典

バトルサンダー

ばとるさんだー

「バトルサンダー」は、島本和彦による漫画作品、および作中に登場するヒーローの名称。
目次[非表示]

概要

1989年連載開始。
侵略宇宙人グラッシャーに改造されたサイボーグ・バトルサンダーの戦いを描いた作品。
作者である島本和彦はヒーロー漫画のイメージが強いが、ギャグパロディリメイクではない正統派変身ヒーロー漫画はこれがほぼ唯一である。

登場人物

無限=ダイ/バトルサンダー

本作の主人公。グラッシャーに滅ぼされたムウ星の生き残りで、改造手術を受けたのち脱走して地球に流れ着いた。グラッシャーは支配下に置いた者達を人間爆弾にしており、彼の胸にはその爆弾を自力で抉り出してできた大きな傷がある。
「バトルチェンジ!」の掛け声でバトルサンダーに変身。衝撃波「バトルショック」を必殺武器とする。
多量の電気エネルギーを消費して巨大化することもできる。つまり、ウルトラマン仮面ライダーという二大ヒーローの特徴を併せ持つ戦士である。

ラセン=ジョウ/ブラックハンター

ダイの親友だったがグラッシャーの手先となって襲い掛かった。後にグラッシャーを裏切りダイに協力する。ブラックハンターはバトルサンダーと同型の改造人間で、バトルショックも使用可能。

カレン

ダイの恋人。ジョウと同じく、科学者としてグラッシャーに与している。

登場組織

WW(ワイルドウルフ)隊

地球でグラッシャーに対抗し得る唯一の組織。最先端の科学と凄腕の兵士が集まっており、下級の侵略メカなら容易く倒せる戦力を持つ。ダイもこの一員となり、変身一回分のエネルギーを充填できるブレスレットを授かった。

グラッシャー

強大な武力を持った異星人軍団。幾多の星々を襲撃し、生き残った人々を奴隷や改造兵士として利用している。
首領のゴルド曰く、バトルサンダーはその中でも十万人に一人の優秀な戦士であったという。

番外編

本編の後日談にあたる短編。前半でいきなり無限=ダイが戦死し、息子のアキラが10倍強い新たなバトルサンダーとなるものの、グラッシャーの超巨大要塞の爪が地球を突き刺すという絶望的なビジュアルで幕を閉じる。

関連タグ

島本和彦

pixivに投稿された作品 pixivで「バトルサンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 977

コメント