ピクシブ百科事典

ヒルスシロカブト

ひるすしろかぶと

中米(メキシコなど)に生息するカブトムシの一種。
目次[非表示]

概要

メキシコなどの中米地域に生息するカブトムシの一種。
ディナステス属ヘラクレスオオカブト属)のうちのシロカブトと呼ばれるグループに属している(グラントシロカブトティティウスシロカブトと同じグループ)。
シロカブトの最大種だが、体長は最大でも90mmほど。白に濃い黄色の混じった色合いをしている。
ヒルス」は同属の大型種の由来にもなった英雄ヘラクレスの息子の名前。

シロカブトの中では幼虫飼育期間が比較的短く、早いものなら7~8ヶ月ほどで羽化する。

甲虫王者ムシキングでのヒルスシロカブト

2006セカンドにて初登場。肩書きは「伝説継承」。
強さ160、ディフェンスタイプ。
必殺技はパー、「ダ・ブエルタ」。

新甲虫王者ムシキングでは2016セカンドで初登場。階級はSR。

激闘5弾で新登場するマヤシロカブト(メキシコ・ホンジュラス等に分布するシロカブト、ヘラクレスのように胸部が黒くなるのと角の突起が斧状になる個体が現れるのが特徴)は本種にかなり似ており、亜種とされることもある。
階級はSR。肩書きは「古代文明の使者」。必殺技はパー、「エンシェントアックス」。
超神化2弾でSSRに覚醒。肩書きが「白き古代伝説」、必殺技が「エンシェントブレイカー」に変わる。

関連タグ

ディナステス属 グラントシロカブト ティティウスシロカブト ヘラクレスオオカブト

コメント