ピクシブ百科事典

フィッシャーキング

ふぃっしゃーきんぐ

『フィッシャーキング』(The Fisher King)とは、1991年に公開されたテリー・ギリアム監督の映画。
目次[非表示]

あらすじ

ニューヨークラジオDJとして活躍していたジャック・ルーカスは、過激な発言を売りに人気を博していた。しかしある異常者のリスナーが、ジャックの挑発を真に受け、の乱射事件を起こした末に自殺。世間から追及されたジャックはラジオから身を引いた。
三年後。ジャックはレンタルビデオ店を営む恋人アンの家でヒモになっていた。
ある夜、オヤジ狩りに襲われたジャックは、パリーというホームレスに助けられる。しかしこの男、自分には聖杯を探す使命があるだの、ジャックこそが選ばれし者だの、おかしな言動をする奇人だった。ちなみにパリーが聖杯だと主張しているのは、近所の富豪が棚に飾っているトロフィー
つきあっていられないと逃げ出すジャックだったが、パリーがおかしくなった原因が三年前のあの事件だと知ると、彼のことを捨ておけなくなる。
パリーはをしていた。相手は出版社に勤める女性リディア。ジャックはアンと、二人の縁結びをしようと努力する。

概要

聖杯伝説の漁夫王(フィッシャーキング)と聖杯のエピソードを基に展開するヒューマンドラマ。事件により傷を負った二人の男の友情と、不器用なそれぞれの恋愛を描く。
テリー・ギリアムが聖杯を題材にするのはパイソンズ時代の『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』以来、二度目。
これまでは必ず脚本に関与していたギリアムだったが、今回はリチャード・ラグラヴェネーズの脚本にほれ込み、ほとんど手を加えなかったという。何しろ狙い済ましたかのように、ギリアムが長年のテーマとしている妄想現実の問題を内包していたので。
前作の『バロン』が興行的に大損害を出したため、ギリアムにとっては負けられない戦いだったが、無事にヒットし、各国の映画祭でも賞を受けた。

キャスト

役名配役日本語吹き替え
ジャック・ルーカスジェフ・ブリッジス大塚明夫
パリーロビン・ウィリアムズ池田勝
リディアアマンダ・プラマー島本須美
アンマーセデス・ルール小宮和枝
傷痍軍人トム・ウェイツ村松康雄


スタッフ

監督 - テリー・ギリアム
脚本 - リチャード・ラグラヴェニーズ
製作 - デブラ・ヒル / リンダ・オブスト
音楽 - ジョージ・フェントン
撮影 - ロジャー・プラット
編集 - レスリー・ウォーカー
配給 - トライスター・ピクチャーズ

データ

公開 - 1991年9月20日(アメリカ) / 1992年4月11日(日本)
上映時間 - 137分
製作国 - アメリカ合衆国
言語 - 英語

関連タグ

映画 / 洋画 / アメリカ映画 / 映画の一覧
聖杯

外部リンク

フィッシャー・キング - Wikipedia
フィッシャー・キング - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「フィッシャーキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180

コメント