ピクシブ百科事典

フラン(転剣)

ふらん

棚架ユウによる小説『転生したら剣でした』の登場人物
目次[非表示]

CV:水瀬いのり(書籍版5巻特装版ドラマCD)

概要

物語のもう一人の主人公(主人公は彼女の持つ魔剣「師匠」)。獣人の一種である「黒猫族」出身の猫耳少女。12歳。

黒猫族は獣人族の中で長年「進化(強くなった獣人が習得する強化術のようなもの)」ができるものが現れず、劣等種扱いされている。
彼女の両親も進化を目指すものの志半ばで死亡し、彼女自身も奴隷にされて名前も取り上げられ、「名無しの奴隷」として4年間もつらい日々を送ってきたが、それでも「両親の遺志を継いで進化し、虐げられている黒猫族の希望になりたい」という思いを失わない、心の強さを持つ。
師匠と出会ったことが切っ掛けで奴隷から解放され、名前を取り戻し(形の上では師匠が取り上げられる前の名前をそのまま名付けている)、悲願を果たすために冒険者となる。

普段は無口、無表情で、他者からの呼び掛けに「」とだけ言う返答の仕方が特徴。
だが、師匠の作る料理を嬉しそうに食べたり、初めて見る風景に感動してはしゃぎ回ったりと、外見から解り辛いだけで喜怒哀楽は年相応にハッキリしている。また、これまでの経験から黒猫族をバカにされたり、敵対するものが奴隷商人がらみだったりすると怒りを露わにし、容赦がなくなる。
小柄な外見に反して超の付く食いしん坊で、好物は師匠の作るカレー、甘味はパンケーキがお気に入り。

基本は師匠のサポートを受けて戦うが、「借り物の力に頼るのではなく、自分自身も強くなって師匠を振るうのにふさわしくなりたい」と考えており、そのためなら自身が傷つくこと等の無茶も惜しまない。師匠曰く「弱い子猫ではない。牙を研ぐ猛獣の子供」。
肝も座っており、魔物だけでなく、人の命を奪う事にも頓着しない。

冒険者になってすぐに100匹以上のゴブリンの大軍を討伐したり、ダンジョンをほぼ単独で踏破する等、目覚ましい活躍を続けていた為、「魔剣少女」といった二つ名で呼ばれている。
自身に対する地位や名声には興味がなく、目立つ事は好まないものの、強そうでカッコいい二つ名で呼ばれる事は嬉しく思っている模様。
師匠がインテリジェンス・ウェポンであることは秘密にしているため、周囲からは「冒険者となって間がないのに非常識なまでの急成長を遂げている天才児」のように思われている。

後に、迷宮都市ウルムットでの修行や、様々な出会いを経て、遂に「進化」を習得。伝説の種族『黒天虎』に変われるようになった。
進化時は瞳が金色になるのと、尻尾が縞模様になるくらいで外見に変化はないが、能力が跳ね上がり、ランクA冒険者とも互角以上に渡り合えるようになった。
ウルムットでの武闘大会で「進化」を披露し、初出場で3位入賞という好成績を残す。
黒い雷を纏い戦うその姿から『黒雷姫(こくらいき)』の二つ名で呼ばれるようになり、当初の目的である黒猫族の希望となった。

主な装備

  • 師匠

フランと共に戦う正体不明の、意思を持った魔剣。
「インテリジェンス・ウェポン」と呼ばれるレア中のレア。
フランと共に成長する、保護者にして最高の相棒。親バカ
実は異世界からの転世者。

  • ドレスアーマー
ドワーフの鍛冶師ガルスから購入した防具一式。
白を基調とした(web版では黒)見栄え。

フランと師匠


後述の黒猫シリーズまでの繋ぎの装備だが、今のところピクシブでのフランのイラストはこの装備が大半である。

  • 黒猫シリーズ
フランと会う前に、師匠が狩りまくって保存していた高ランク魔獣の素材を材料に、ガルスが作ったフラン専用の防具一式。
作成時に神から啓示を受けた「ネームドアイテム」で、名前の通り黒猫族以外には装備できない代わりに、装備するだけで全ステータスが向上する加護を持つ。
また、各種状態耐性や即死無効、装備自動修復といった特殊能力も豊富で、下手な金属鎧よりも高い性能を誇る。
唯一の欠点は、魔法による修復には高純度の魔水晶が必要となるため、修復費用が高めという点。

関連タグ

転生したら剣でした
猫耳
無口
大食い

pixivに投稿された作品 pixivで「フラン(転剣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17171

コメント