ピクシブ百科事典

師匠(転剣)

おやばかむきぶつ

小説『転生したら剣でした』の主人公。メイン画像で猫耳少女フランが持っている魔剣。
目次[非表示]

CV:日野聡(書籍版5巻特装版ドラマCD)

概要

元々は現代日本のオタクの社会人だったが、交通事故で死亡後、何故か異世界で剣に転生した。享年30歳。男性。
生前の記憶はあるが名前だけが思い出せず、魔剣の銘も不明なため、フランから「自分を鍛えてくれる人」という意味で師匠と名付けられた。

生前からポジティブな性格だったようで、何事も前向きに捉え、細かい事は気にせず行動に移す事が多い。また環境適応能力が高く、剣へ転世した事もすぐに受け入れている。
一方で、剣という無機物へと転世した為、食事や睡眠を必要とせず、女性への関心も薄い。一応前世では巨乳好きで、漫画版・ドラマCD版では女性への裸体に興奮する事もあったが、WEB版・書籍版ではドライな反応を示している。
また、殺傷行為についての忌避感も特に感じなくなっている。

保護者としてフランのことは大事にしており、男性が近寄ってきたりすると「フランはやらん」とすぐに警戒する親バカ
それ故に、フランの生命に関わる危険性を察知すると、途端に逃走を模索するなど普段と真逆のネガティブ思考を見せる(そして大抵の場合、フランの「まだ行ける!」という覚悟と気迫に根負けする)。

魔剣としての彼は、
伝説の存在である「インテリジェンス・ウェポン」と呼ばれる知性を持つ武器である
魔物の体内の「魔石」を吸収することで自己進化したり、倒した敵のスキルを習得することができ、取得、成長したスキルを装備者と共有することもできる』(後述も参照)
ということ以外、詳細は不明。
ただし、書籍版第3巻終盤で、何らかの強大な力を持つ存在が封印されていることが明らかになっている。

伝説の武器である「神剣」と呼ばれる世界最強クラスの武器たちには及ばないものの、後述の様々な能力から、web版では師匠の正体を知っている人から「準神剣」と呼ばれるほど。
そのため、正体が下手にバレると、その希少価値から自分やフランが狙われる危険があるため、表向きはただの魔剣としてふるまっている。

外見

《宣伝》転剣3巻カバー


刀身は白く輝く不思な金属で、三本の青い縦線が入っているのが特徴。
サイズに関しては、バスタードソードくらいに勘違いされる事もあるが、これは対比となるフランが小柄かつ、背中に背負うようにして運んでいるためで、実際はロングソード程度の大きさである。

鍔の部分に狼のエンブレムが彫り込まれており、漫画版ではここが顔として感情表現が描かれている。もっとも、あくまでも漫画的表現であり、他者からはただの装飾としか映らない。
視界もこの辺りから発生しているようだが、生物的視覚ではないため、布などで覆っても視界を遮る事はできない。

また、自己再生スキルを持つため、破損しても魔力さえあれば元通りに再生する事が可能。

能力

  • 魔石吸収とスキル取得能力

魔物の体内に存在する魔石に刀身を突き立てる事でこれを吸収し、「魔石値」というポイントを溜める事ができる。一定までポイントを溜める事で自己進化が発動され、能力が強化されたり、新たにスキルを取得する事ができる。

魔石を吸収する際、その魔物が持っているスキルも取得する事ができ、メモリ上限内ならば自由に付け替えて使用できる。そのため、膨大な数のスキルを戦局に応じて使い分け、あらゆる状況に対応する事ができる、まさに規格外の能力

また、自己進化の際にはポイントを一定量獲得でき、これを消費する事でスキルのレベルアップや進化を行ったり、ボーナススキルを取得する事もできる。
なお、ポイントの振り直しはできない。

  • スキル共有
取得し、セットしたスキルを装備登録者にも共有して使わせる能力。
これにより、幼いフランでも熟練の冒険者ばりの戦闘能力を発揮する事ができるようになるが、何らかの事情で装備登録が解除されると、スキル共有も解除されてしまうのが二人の弱点である。

  • 念動
手足に類する器官は持ち合わせていないが、「念動」のスキルを駆使する事で、自在に空を飛び、物を動かす事が可能。
特に最大限に魔力を込め、念動の力を爆発させる事で加速した体当たりは「念動カタパルト」と呼称しており、ここ一番の必殺技として扱われている。

  • 鑑定
異世界転世モノではお約束のステータス閲覧能力。
彼固有の能力ではないものの、習得には才覚に左右される比較的稀有なスキル。
また「神眼」や「魂魄眼」といった、特殊な上位スキルも複数確認されている。

  • アナウンスさん
スキルの解説などをしてくれる謎の声。名前は師匠が命名した。
後述の潜在能力解放のスキル発動時に活性化、一時的に自我を持ち、師匠本人に代わって魔剣の主導権を有して師匠一行を救うが、その代償として自我を完全に失い、アナウンス機能だけの存在になってしまった。

  • 謎の男
時々、白昼夢のような形で師匠の前に現れる謎の人物。ごく短時間しか師匠と接触できないようで、その正体は不明だが、助言を与えたりして師匠を助ける。

  • 潜在能力解放
スキルの一つであるが、ここに記載する。
その名の通り潜在能力を解放してステータスを爆発的にあげるスキルだが、代償として生命力を急激に失い、長時間の使用は死に直結する。
さらには、効果終了後に、何らかの大きな代償を払う上に、その代償はランダムのため実際にその時が来ないとわからないと非常にリスクが高い。
師匠の場合は、上記のアナウンスさんの機能不全に加え、魔石値がゼロになり自己進化まで時間がかかるというものだった。
使用するには危険すぎるため、師匠はこのスキルをフランが使用することを固く禁じている。

その他多種多様なスキルを取得しているため、戦闘だけでなく生活面(主に料理)などでもフランを手助けしている。
また料理スキルが高い事もあって、フランのために現代日本の料理をふるまうことが多く、その一巻でこの世界にカレーをもたらした張本人となってしまう。

関連タグ

転生したら剣でした
フラン(転剣)
魔剣
親バカ

pixivに投稿された作品 pixivで「師匠(転剣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2178

コメント