ピクシブ百科事典

フリユリ

ふりゆり

機動戦士ガンダムAGEのキャラクター、フリット・アスノとユリン・ルシェルのカップリング。
目次[非表示]

概要

機動戦士ガンダムAGEフリット・アスノユリン・ルシェルのカップリング。
フリットにとってユリンは初恋の相手であり、その別れから決して忘れられない人物である。

二人の出逢いと再会

二人が実際に会った回数は生身で2回(コロニー「ノーラ」脱出時のガンダムによる保護,コロニー「ミンスリー」でのバーミングス邸での再会)、MS越し1回スパローファルシア越し)、魂的なもの2回(第1部・フリット編のユリンの最後,第4部・三世代編の最終決戦時)の合計5回と非常に少ない。

その一方、生身では関係や心理描写が細かく描かれ、2人が互いに惹かれあっていった経緯が分かりやすく描写されていた。(ユリンから貰ったリボンをフリットは「お守り」として大事に持っていたなど)
特に、「第11話 ミンスリーの再会」はサブタイトル通り、フリットとユリンの事を指しており、フリユリ好きな人には堪らない1話となっているので必見の価値あり!
戦いが終わったら戻ってくる」というフリットの言葉(約束)にユリンは涙し、フリットとユリンは抱き合った。
しかし、その約束は悲劇への幕開けとなってしまうのだった……。

結末

だが、ユリンの能力に目に付けたデシルによって強制的にヴェイガン陣営に拉致、MS・ファルシアに搭乗させられ、戦場に出撃する事になってしまう。
デシルの狙いは、Xラウンダー能力がある人物が2人以上いると共鳴し、更なる力を得る事が出来る為の戦力強化であり、彼にとってユリンはファルシアのパーツ扱いだったといえる。
実際、ファルシアのコントロールはデシルが握っていた。(作中のユリンの「また勝手に動く!」という困惑した発言から)

2機に翻弄され、まともな反撃も出来ぬままトドメを刺されそうになったその瞬間、ファルシアがAGE-1を庇い、ゼダスのゼダスソードによってコックピットを貫かれてしまう
フリット…、生きるのって難しいね……」、ユリンは悲痛な叫びと言葉を残し、その若い命を儚くも散らしてしまう。
ユリンの死は、母親,故郷,母親亡き後自分を見出し、後見人となってくれた恩人,初めて好意を抱いた少女と、大切な人を立て続けに亡くし、ヴェイガンへ憎悪を抱く最後の一押しになってしまった。

ガンダムAGEメインヒロイン

2人が心を寄せ合うようになる描写が本編中に丁寧かつ分かりやすく描かれたのに対し、後に結婚するエミリー・アモンドは本編中に何のフォローもされなかったため、ユリンは正に、「試合に負けて、勝負に勝った」わけである。
一応、ゲームの青年フリット編や公式小説などの他媒体でフォローがされたようだが、ヒロイン関連の描写は正史であるTV本編でされなくては意味がないのではないかと思う。

関連イラスト

長い旅が終わりを告げる時
フリットとユリン



関連タグ

機動戦士ガンダムAGE フリット・アスノ ユリン・ルシェル

pixivに投稿された作品 pixivで「フリユリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74848

コメント