ピクシブ百科事典

ベエンダー

べえんだー

スクウェア・エニックスのコンピュータRPG『サガフロンティア2』の攻略本「アルティマニア」の巻末小説に登場する、公式オリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要

ゲームには一切登場しない人物。この小説の作者であるベニー松山氏の書くサガシリーズの小説は、作風が違っていても「1人の人物が物語全体を見る」という視点で共通している。しかし歴史の一部分を切り出してプレイヤーに見せる作風のサガフロンティア2では、歴史の全てを見ることの出来るキャラクターなどいるはずもない。そこで、そうした観点で物語を見ることの出来るキャラクターが登場した。それが彼、ベエンダーである。
ただし、ゲーム内の歴史全てを見るという都合上、ゲームの設定どおりに沿っては無理があると判断したのか、ゲーム内のストーリーとは明らかに矛盾した箇所が散見される。あくまでも完全なパラレルワールドとしてお楽しみいただきたい。

性質

東大陸の東部の入口にあたるラウプホルツ。この近くにはグールの塔と呼ばれる、見た目は美しいがアンデッドの巣窟になっている恐ろしい塔がある。ゲーム内では経緯が一切不明だが、小説版ではその塔で永久の寿命を研究していた者がいたことになっている。そして、魂に等しいエネルギーであるアニマを故意に抜き出して結晶化させることで自身を死なない体とし、寿命から解き放たれることで、永遠の時間を使って高度な哲学などの研究に没頭することができたのだった。
しかし、本来の生存本能に嘘はつけないもので、弟子たちは次々にアニマを取り返すため、結晶化したアニマの安置室に駆け込んで取り返そうとした。しかし、一度アニマを取り出して抜け殻となった体にアニマを入れることは——すなわちアンデッドと化すプロセスに他ならなかった。こうして多数の弟子が一斉にグールとなり、この塔がグールの塔と呼ばれるようになったのだった。
この術を編み出した賢者も、さすがに永遠の寿命を持つ自分たちの存在意義が何だったのか、疑問をもつようになってきた。そこで、新たにアンデッドを一から作り出すことを考案。元々アニマを持っていてそれが失われたから、アニマを取り返そうとしてグールになった——失われるアニマが惜しいのが原因であれば、じゃあ失われるアニマが生まれた時から元々なければどうなるか、というわけである。そして、彼——ベエンダーが作られ、世界を見て回るよう指令を受けて旅立った。
人間とは比べ物にならない卓越した身体能力を持ち、ゲーム中でも最強クラスの威力を持つ金属剣「丙子椒林剣」を使う。ただし結局の所、アンデッドであることに変わりはない彼はアニマへの渇望はあるらしく、生物のアニマを摂取する為に殺めることは多々ある。ただしそれは肉食動物がエサを求めて草食動物を狩る行為に似ていると考えればよく、無闇やたらに衝動的に狩っているわけではない。
また、アニマを持たなかったため、通常アニマで存在を察知する人間に彼の姿を見ることは出来ず、一部の術不能者が純然たる視力で見るか、もしくは逆に非常に卓越した術者がアニマの空洞と言う形で彼を見つけるかのどちらかである。しかも卓越した身体能力は、仮に見つかっても認知される前に立ち去れるため、人間にほぼ気づかれることは無く、アンデッドとしての自身のありようを探ることが出来る。
彼の剣を見て金属剣を作ろうと思い立ったギュスターヴ13世、自信家だったところに慎重さを学ばせたネーベルスタン、荒くれに叩き殺される寸前にベエンダー自身を依り代にするよう頼んだコーデリア・エメリー、そして彼の正体をノーヒントで見つけ出して命じられた指令について真剣に話し合ったシルマールなど、歴史の裏表に大きな影響を与えた。
道中でアニマを強引に喰らうエッグを発見してからは、同じアニマを喰らう者としてあまりにも性質が違っていたことで、その身勝手さに怒りを覚え、エッグをまごうことなき敵として始末しようと試みる。普通の道具や術では金属でさえもエッグを破壊することは不可能だが、卓越した彼の能力と鍛え上げた丙子椒林剣によって、一度は破壊寸前まで追い込んだ。だが、同時にエッグ側も彼の性質を学ぶことになり、ゲーム本編でも行っていた人間種族への征服活動と同時に、目の上のたんこぶになった彼の始末を長年かけて行うことになる。

関連

サガフロンティア2 死せる賢者

pixivに投稿された作品 pixivで「ベエンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1279

コメント