ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

💀概要編集

ベレッカとは、ガンホーから配信されているニンテンドースイッチ用ゲーム作品「Ninjala」のキャラクター。初期起動時に選ぶことのできるプレイアブルキャラクターである。


💀プロフィール編集

出演作品Ninjala(ニンジャラ)
性別女性
誕生日1月21日
星座水瓶座
出身地
性格短期で負けず嫌い、気が強いが根はやさしい
特技音楽
弱点料理心霊現象
CV鬼頭明里(アニメ版) Kailey Snider(ゲーム版)

💀公式紹介文編集

バートンロンとともにニンジャガムの研究をする女性研究員。年齢は、バートンより年下。甲賀忍者の末裔とウワサされているが、詳細は不明。

実験中にたまたま出来上がったニンジャガムをバートンといっしょに食べると、彼女もまた副作用で子どもになってしまう。その後“ニンジャラ”に参加し、WNAの研究者だった父が亡くなった原因を知るために奔走している。父の死の真相を追いかける、バートンのよき理解者。


💀人物編集

 よく間違われがちだがレベッカではなくベレッカである。スペルはBerecca

 メインビジュアルで最も大きく映っていたり、ゲームアイコンを飾っていたり、公式イラストやコラボ商品紹介ページにはだいたい居たりなどニンジャラを代表する女性キャラクター的扱いを受けている。

 バートン、ロンとは同じ会社の部署で『ニンジャガム』を開発すべく共に働く同僚。特にバートンとは距離が近いらしく、研究に夢中になると暴走しがちなバートンと、気が強くしっかり者のベレッカというバランスの取れた関係性である。

 父親もベレッカと同じくWNAのニンジャガム開発に携わる研究者だったらしいが、物語開始時点で既に他界している(という話だったが、現在進行形のストーリー内で生存している可能性が浮上。詳しくは後述)。

言いたいことは言う、強気で勝気な女の子。口調も言い方もキツいが意地悪というわけではなく、なんだかんだ世話焼きで優しい性格。

 前髪部分がぐるぐるに巻いたポンパドゥールになっているのが非常に特徴的で、後ろ髪は足元まであるスーパーロングを一本結びにして所々青いヘアピンでまとめている。

 大人の時の服装は白衣の下にTシャツと短パン、紫の縞々タイツを身に着けておりプロポーションも良好。今現在(子供)の服装は黄色のパーカーと短パンにドクロの留め具のついた縞々ニーハイソックス、スニーカー。どちらも短パンと紫の縞々靴下が共通している。

ブランドは「1080」である。(ブランドの専属モデルはダニエル)

 子供時の服装はゲーム内のファッションショップで購入可能。大人時のベレッカのステッカーも販売されている。


💀経歴編集

 忍者の血筋を引く者なら誰もが生まれつき持っている潜在能力(シノビ力)を最大限に引き出し強力な武器や忍術を作り出せるアイテム《ニンジャガム》の研究に携わっていたWNA研究部の研究員。

 元々は20代の大人だったが、完成したニンジャガムの副作用(大人が食べると子供になってしまう)を知らずに食べてしまい、バートンと共に子供になってしまう(記憶退行などは起こしておらず中身は大人のまま。名探偵コナンみたいな感じ)。

 しかしニンジャガムの開発に成功したとわかった直後、同僚のロンがスパイだったと判明。襲撃を受けるが、ニンジャガムにより覚醒したバートンの尽力により危機を脱する。

 実は上記のニンジャガムの性能のうち「強力な武器や忍術を作り出せる=兵器を作り出せる」という部分だけがバートンによって隠ぺいされており(※1)、ベレッカは自分が兵器(ニンジャガム)の開発に携わっていたのを知らなかった。実際ニンジャガムの本当の力を知らされた際には「そんなもん開発して、戦争でもおっ始めようってワケ!?」と呆れ気味に怒っている。

 現在ベレッカは元の大人の体に戻るため、そして父の死の真相を知るため、バートンと共にWNA(世界忍者協会)の忍者養成機関「WNAアカデミー」に生徒として潜入し、ニンジャラに出場することを決めるのだった(※2)。


(※1)バートンが明確な意思を持って隠ぺいしていたのはwebアニメ版のみであり、テレビアニメ版ではバートンも知らなかった設定になっている。

(※2)この辺りはわりと突拍子がなく、webアニメ終盤で試着室から出ながら「元の体に戻る為にニンジャラに出場するわよ!」とベレッカが言い放つのだが、視聴者側からすれば「なぜニンジャラに参加すると元の体に戻るのか?」という疑問が浮かぶシーンでもある。

ニンジャガムはその開発に何年という歳月が掛けられている上、完成品を狙ったスパイが派遣されるほど何か重大な秘密を持つアイテム。ニンジャガム開発に携わり謎の死を遂げた父の死因には兵器・ニンジャガムが関係しているのではないだろうかと思い至りWNAの闇を暴こうとしている…というのが目的のうちの1つであることはわかるのだが、肝心の「なぜニンジャラに参加すれば元の体に戻るのか」という事には一切触れられていない。)

 ↓

【テレビアニメ版追記】

 序盤にてWNAから追われる身となったバートンとベレッカは、ストリートチルドレン同然の暮らしに加えて、いつ刺客(WNA諜報部)に殺されるかわからない生活をしていく中で「当面の身の安全の確保」を最優先に考えることになる。

 そして身を隠す場所として、相手の裏をかき、自分達を追っているWNAが経営する忍者養成学校”WNAアカデミー”を選ぶという流れに変更された。

アカデミーは寮制のため入学してしまえば食事と寝るところには困らない上、好きに使えるお小遣いもある程度負担してくれるので妙案だったといえる。

 よって上記web版の「元の身体に戻るためにニンジャラに出る」という発言は、テレビアニメ版にて「身の安全を確保するためひとまずアカデミーに逃げ込み、そこで大人に戻る方法を探ったりWNAに探りを入れる時間を稼ぐ」という形に昇華された。


 ゲーム版有料DLC『ニンジャラストーリーパック弐ノ巻』では主人公を務めることになる。

 源柳斎から命を受けオエドシティに潜入したベレッカは、そこで自身の父と共にこの世を去ったはずのレナードという研究者を見つける。「彼が生きているのならば、父も生きているかもしれない」とレナードの後を追うベレッカだったが、そこには恐ろしい陰謀が渦巻いていた…。


💀能力編集

 ニンジャガムを食べた直後に「見てみて!」と言いながら嬉しそうに壁を走り回っている描写があるため、元の身体能力は人並みだと思われる(ニンジャガムは本人のDNAに刻まれた《シノビ力》を引き出す性質があるため、当人が運動能力を磨いていなくてもニンジャの血筋というだけである程度の身体能力は保証されているのだろうか)。

 シノビ力解放後(子供化した後)の身体能力は非常に高いが、他のキャラのように特化した特別な能力を見せたことはまだ無い。甲賀忍者の末裔だが詳細は不明という出自のあやふやさがシノビ力に影響しているのだろうか…というか元々はWNA研究者という事もあり、専ら頭脳労働専門だったであろうことは想像に難くないが。


💀漫画版編集

 主人公カッペイが所属するチームのリーダーを務める。しっかり者であることとバートンと顔見知りであることは共通だが、彼女自身の過去など詳細については今のところ明らかになっていない。いわゆるメガネくんと同じくメンバーに振り回される苦労人気質のリーダーでツッコミポジション。


⇒ コロコロコミック2022年1月号付録「シノビ忍法帖~銀はがしの巻~」に収録された漫画にて、原作ゲーム版と同じくWNA所属の研究員でニンジャガム開発に携わっていたことが明らかになった。

 「まじめ研究員」と称され、年齢は24歳。

自身のマグカップを勝手に使ってコーヒーを飲んでいたバートンにキックをかまし、「絶対嫌だ!メガネ移っちゃうじゃない。」と怒りをあらわにしていた。

 副作用で子供になってしまう流れも同じだが、その際に激昂しながらバートンの襟元を掴み「バレたらコロす!」と脅しをかけたらしい。秘密がカッペイにバレたと思い込んだ時のバートンは、ベレッカが般若のような顔で怒る姿を想像しながら「ベレッカにコロされる」と怯えていた。

 他メディアと比べて怒りっぽく、バートンに対する扱いが厳しめであるようす(漫画版のバートンがボケに特化しているというのもあるが…)。


💀テレビアニメ版編集

 バートンと共にメインの主人公を務める。

ニンジャガム開発から子供化などの大まかな流れは上記と全く同じだが、バートンとの関係が大きく掘り下げられている。

 バートンとは(マジの)子供時代からの幼馴染であり、その頃からピクニックに行ったりと仲が良かったらしい(この時しれっと手も繋いでいる)。そしてベレッカの父親は「ショーン博士」といい、かなり優秀な研究員であった。バートンもそれを知っているらしいので、家族ぐるみの付き合いがあった可能性が高い。

ニンジャガム開発中にも、開発段階のガムを食べて様子がおかしくなったバートンの面倒を幾度となく見たり、いろいろと世話を焼いていたらしい。

余談だが子供化してしまった時点で物語が終わるweb版とは違い、子供化した後の顛末もきちんと描かれており、そこに待ち受けていたのは「追手(ロン・WNA関係者)に命を狙われる」「家を勝手に解約され、家財道具含む財産がすべてなくなる」「携帯も解約される」「常に監視される」というWNAからの想像を絶する仕打ちであった。

 しかしそんな絶望的状況にもかかわらずベレッカは明るい言葉でバートンを励まし追っ手を撃退しているので、逆境での芯の強さというものが彼女の魅力なのかもしれない。

ちなみにバートンはおそらく自宅から研究所まで手ぶらで来ていると思われるため、二人分の子供服を買うお金はすべてベレッカが出していたらしい。


💀公式webアニメ編集

『ニンジャラ エピソード0 ニンジャガム誕生』


💀余談編集

誕生日料理番組の日になっているが、本人は料理下手である。


💀関連イラスト編集


IPPON!

ベレッカとケルベロス(セリフなし)


💀関連タグ編集

Ninjala 子供化 合法ロリ 少女 忍者 研究者 Ninjala女子 メインヒロイン


ゴロー・・・研究所で一緒にいる猫。


ロン ルーシー エマ ジェーン カッペイ バーン バートン・・・同じくプレイアブルキャラクター。


ルーナ・・・誕生日つながり。(性格も同じ。)


セリーヌ・・・任天堂ハードの作品における中の人繋がり。父親と死別している点が似ている。


ガレス・・・ガンホーにおける誕生日つながり。


竈門禰豆子・・・中の人繫がり。明確に鬼滅の刃のコラボレーションが行われた際は、ステッカーなどを経由しコスプレをしている。


三ツ谷マナ・・・上記同様コラボレーションの実施された東京卍リベンジャーズでの中の人繋がり。


イェレナ・・・コラボレーションの実施された進撃の巨人における誕生日繋がり。

関連記事

親記事

Ninjala にんじゃら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23676

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました