ピクシブ百科事典

ペテル・モーク

ぺてるもーく

ペテル・モークとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:興津和幸

概要

エ・ランテルを拠点とする銀(シルバー)級冒険者チーム、漆黒の剣を率いるリーダー。

人物像

チームを束ねるまとめ役。真面目な好青年で、ルクルットナーベに不躾な質問をした際は窘めていたりと気苦労も多い様だが、メンバーとの仲は非常に良好である。

強さ

チームリーダーとしての正確な状況判断と、前衛職の戦士の力を発揮して、後衛を守る盾として活躍している。

作中でら仲間の支援を受けつつ、野良ゴブリン六匹と互角の戦いをしている。

作中の動向

転移後の世界の情報収集のために冒険者に扮した、アインズことモモンナーベラルことナーベと出会い、二人を仕事に誘う場面で登場。

当初は金稼ぎの手段として街周辺のモンスター狩りをするつもりだったが、ンフィーレアがモモンにカルネ村までの道中の護衛を依頼した事で、彼等に同行する事となった。
出会った時は最下級の銅(カッパー)プレートでありながら見事な装備をしているモモンに嫉妬を抱いていたが、オーガを一刀両断する圧倒的な戦闘力を示したモモンを、「アダマンタイト級の力がある」と素直に認めていた。

エ・ランテルへ帰還後、ハムスケの登録をするために冒険者組合へ向かったモモン達と別れ、バレアレ家へ到着した所でクレマンティーヌと遭遇。
他の仲間達共々彼女に惨殺された後はゾンビへと変えられ、後からやって来たモモンに襲い掛かるが、首を刎ねられ今度こそ死亡した。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) 漆黒の剣

関連記事

親記事

漆黒の剣 しっこくのけん

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「ペテル・モーク」の小説を見る

コメント