ピクシブ百科事典

ダイン・ウッドワンダー

だいんうっとわんだー

ダイン・ウッドワンダーとは、丸山くがね著のライトノベル『オーバーロード』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:竹内良太

概要

エ・ランテルを拠点とする銀(シルバー)級冒険者チーム、漆黒の剣の森司祭(ドルイド)。

人物像

語尾に「~である」と付ける口調で話す、チームの常識人。一人称は「私」で、殆どの台詞に「!」が付く。

落ち着きのある雰囲気に見えるが、ドルイドとして自分が持っている知恵や力に強い自負を持っており、作中では「森ならレンジャーのルクルットより力を発揮出来る」と強気に出る場面もあった。

強さ

チームでは治癒や支援を担当。職業柄なのか、薬草の知識に長けている。

戦闘時は魔法で敵の足止めを行ったり、更に後衛の魔法詠唱者であるニニャの前に立って、最後の盾としてメイスを使って戦っている。

作中の動向

転移後の世界の情報収集のために冒険者に扮した、アインズことモモンナーベラルことナーベと出会い、二人を仕事に誘う場面で登場。

当初は金稼ぎの手段として街周辺のモンスター狩りをするつもりだったが、ンフィーレアがモモンにカルネ村までの道中の護衛を依頼した事で、彼等に同行する事となった。

エ・ランテルへ帰還後、ハムスケの登録をするために冒険者組合へ向かったモモン達と別れ、バレアレ家へ到着した所でクレマンティーヌと遭遇。
他の仲間達共々彼女に惨殺された後はゾンビへと変えられ、後からやって来たモモンに襲い掛かるが、首を刎ねられ今度こそ死亡した。

関連タグ

オーバーロード(アニメ) 漆黒の剣

関連記事

親記事

漆黒の剣 しっこくのけん

兄弟記事

コメント