ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:福山潤

概要

100年後の未来から、AIと人間の戦争を止めるために送り込まれたAI。開発者の松本博士の名前をとって「マツモト」と呼ばせている。
AIとしての使命は「AIと人類の戦争を回避すること」

本編開始から洛陽事件までは水色のテディベアにデータを移して活動していたが、5話以降は本来のボディである白いキューブの姿で登場する。プラスチックのようなつるっとした質感をベースに、カメラ周辺だけ金属となっている。カメラの保護シャッターが開閉して人間のまぶたのように動き、感情を表現することもでき、飛行も可能であり、アームを伸ばしたり合体したりして便利に動ける。
100年後のAIということもあって演算能力は非常に優秀で、ハッキングや電子戦も易々こなし、ヴィヴィの戦闘能力を拡張させる『戦闘用プログラム』も装備している(最初はインストールを拒否されたが、洛陽事件では一人の人間を守る為に受け入れて貰えた)。
また、AIらしからぬ個性の持ち主で、非常におしゃべり。その口調こそ丁寧だが、自信家で慇懃無礼

AI史における修正しなければいけないいくつかの転換点を是正し、100年後の未来で戦争が起きないようにするための「シンギュラリティ計画」の遂行を目標としている。この目標の実現のため、100年後でもボディが残っている史上初の自律人型AI、ヴィヴィに計画への協力を要請した。
計画に関係のない歴史改変を避けようとするマツモトと、「歌でみんなを幸せにする」という使命のために人命が失われる事態を避けようとするヴィヴィは度々衝突するも、共に100年をかけた計画に従事する。

100年の旅の中で、2体の関係性、そしてマツモト自身も少しずつ変わっていく。

小説版『Vivy:Prototype』

小説版でも性格はほぼアニメ版通りだが、テディベアでの活動は相川議員襲撃事件までで、以後は本来の姿であるキューブで活動する。また、対立関係にある垣谷ユウゴからは『キューブマン』と呼ばれている。

アニメ版の『戦闘用プログラム』に相当する『ゴッド・モード』を装備しており、こちらは一時的にヴィヴィの演算能力を大幅アップさせるが、過熱によるボディへの負担が大きく、一時的に機能停止に陥ってしまう欠点を持つ。

関連イラスト

本編序盤(テディベア)

マツモト



本来のフォルム

ワンドロ マツモト



余談

  • イラストの9割近くはVivy関連なのだが、このタグの最古のイラストはVivyとは全く無関係のイラストである。
  • マツモトを演じる福山氏の"超絶早口"や絶妙なアドリブといったハマリ役っぷりは各所で高い評価を受け、エステラを演じた日笠陽子氏はインタビュー内で「当て書きのようなピッタリなキャラクター」と評した。脚本を務めた長月達平氏もインタビュー内で「(脚本執筆段階ではキャストは決まっていなかったが)勝手に福山さんのイメージで書いていました」と語っている。


関連タグ

Vivy-FluoriteEye'sSong- 
ヴィヴィ
AI 慇懃無礼 合理主義者 狂言回し サイドキック

AI繋がり
スマット……4月期スタート作品、4文字で最後が「ト」、中の人つながり、自立型等の類似点があるが口調や目的は大幅に異なる。
レオパルド……『宇宙をかける少女』に登場する人工知能。中の人繋がりの他、尊大で慇懃無礼、物語が進むにつれ自身を構成するパーツを取り戻す点も共通するが、こちらは終盤で人間も他の人工知能も敵に回した。

未来繋がり
ルキナ……『ファイアーエムブレム覚醒』に登場する主要キャラ。滅びの未来を変えるべく若き日の主人公に接触を図る。垣谷ユウゴ松本博士の中の人のも同陣営(後者は敵陣営キャラも)。

クマのぬいぐるみ繋がり
モフルン……『魔法つかいプリキュア!』に登場する主要キャラ。主人のパートナー&喋るテディベア繋がり。こちらは魔法による。
キリクマ……ヨタロウと呼ばれるクマのぬいぐるみを、実体を持つ事が出来なくなったとある高性能AIが、仮の体として使ったもの。漫画版とアニメ版で色が違い、漫画版は青色な為配色も似ている。

単眼繋がり
目玉おやじ……『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する主要キャラ。主人公のパートナー繋がり。こちらは妖怪
ルクシオン……『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』に登場する主要キャラ。主人公の相棒も共通。

関連記事

親記事

Vivy-FluoriteEye'sSong- ゔぃゔぃふろーらいとあいずそんぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マツモト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マツモト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340199

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました