ピクシブ百科事典

ミクラミヤマクワガタ

みくらみやまくわがた

伊豆諸島の御蔵島と神津島のみに生息するクワガタムシ。
目次[非表示]

概要

伊豆諸島御蔵島神津島のみに生息するクワガタムシ
身体が非常に小さく、体長は最大でも35mm程度しかない(ちなみに日本本土ミヤマクワガタは最大で85mm程度、コクワガタでも55mm程度)。

日本本土ミヤマクワガタとは近縁ではなく、むしろ中華人民共和国パリーミヤマクワガタラエトゥスミヤマクワガタと近縁である。

現在、現地では採集が禁止されている捕まえると罰金です生物を守りましょう

飛べないクワガタ?

一応を開くことはできるが、飛行能力が全く無く、飛ぶことができない。そのため、移動方法はひたすら地面を歩くことのみである。ちなみに歩く姿がとてもかわいい。
現地ではミクラミヤマクワガタが道路を歩く姿をよく見かける。うっかり間違って踏みつけないように注意しましょう
また、側溝に落ちると這い上がることができずにそのまま死んでしまうこともある。

甲虫王者ムシキングでのミクラミヤマクワガタ

2005セカンドにて初参戦。強さ100、アタックタイプ。肩書きは「飛べないアラワシ」。必殺技はチョキ、「(スーパー)サーフィンライド」。

新甲虫王者ムシキングでの階級はN。肩書きと必殺技は旧作と同じ。

激闘5弾では近縁種のラエトゥスミヤマクワガタが参戦。階級はN。
肩書きは「地獄耳仙人」、必殺わざは「イナズマ」。激闘シーズン以降に参戦したクワガタムシの中では数少ない攻撃がテクニックを上回るムシとなっている。

関連タグ

コメント