ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1998年にインドネシア・スラウェシ島の海岸で発見された縞模様(ゼブラオクトパスともいわれる)のタコの一種で、同海域にのみに生息していると思われていたが、現在では紅海東南アジア各国の海域、オーストラリアのグレート・バリア・リーフなどでも確認されている。

名前にミミック擬態)とつけられているのは、この種は軟体である身体を使って、他の生物の姿を真似ることで外敵から身を守るという習性を持つからである。(通常の蛸でもなどに擬態はする)

どうぶつ博士 3話『ミミックオクトパス』


おもに外敵が嫌う生物そっくりの形態となり動きも上手に真似るが、その姿は一種類だけでは無く、複数の生物に対して複数の姿を使い分ける。

なお縞模様が美しいためか、pixivで投稿されているイラストはほとんどが擬人化したものである。

代表的な擬態

40種類以上もの姿が確認されており、おもにを持つ生物に擬態することが多い。

ミミックオクタリアンLINEスタンプ


ミミックオクトパス(海蛇)
ミミックオクトパス



関連タグ

頭足類 タコ マダコ科
マダコ 擬態/ミミック 縞模様/ストライプ

関連記事

親記事

マダコ まだこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミミックオクトパス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4525

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました