ピクシブ百科事典

ミーティア

みーてぃあ

ミーティア(meteor)とは、流星・隕石の意の英単語。メテオとも。
目次[非表示]

流星隕石の意の英単語。キャラ名などにも度々用いられる。

主なミーティア

  1. ドラゴンクエストⅧ』の登場人物。。⇒ミーティア姫
  2. サガフロンティア2』の登場人物。⇒ミーティア・シーン
  3. ヨーロッパの武器製造企業『MBDA』が開発している長距離ミサイルの名称。
  4. 第二次世界大戦末期に配備されたイギリス空軍初のジェット戦闘機
  5. M.E.T.E.O.R.-Mobilesuit Embedded Tactical EnfORcer-。 『機動戦士ガンダムSEED』に登場するサポートメカ。
  6. 上記の『機動戦士ガンダムSEED』及び続編『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』の劇中曲。上記のサポートメカの名称の由来。

以下では順に解説する。

ミーティア(長距離ミサイル)

ヨーロッパの武器製造企業『MBDA』が、開発している視界外射程空対空ミサイル
(BVRAAM Beyond-Visual-Range Air-to-air Missile)。
ロシアの長距離対空ミサイルの『アダー』に対抗するために開発された。
初期加速用のロケットモーターと巡行用のラムジェットエンジンを搭載しているが、
通常のラムジェットとは違い、燃料は液体ではなく固体ロケット燃料を使用する。
最大速度はマッハ4とされる。
イギリスを始め、ヨーロッパ各国で採用が予定されている。

関連タグ

戦闘機 ミサイル

ミーティア(戦闘機)

第二次世界大戦末期にイギリス空軍に配備されたグロスター・エアクラフト社製
ジェット戦闘機。連合軍側で初めて戦力化された実用ジェット戦闘機でもある。
初期製造型のミーティアF.1は機体強度やエンジン性能の問題から、
従来のレシプロ戦闘機を代替するまでには至らず、改良型のF.3が開発された頃には
既に終戦を迎えつつあった。
その後は朝鮮戦争や世界初のターボプロップ推進機としての各種試験、
発展途上国の局地紛争などに借り出され、1960年代まで使われ続ける事になる。
現在、フライアブルな機体がイギリスとオーストラリアの2カ国に現存している。

関連タグ

戦闘機 イギリス 第二次世界大戦

ミーティア(ガンダムシリーズ)

機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場。
詳しくは→M.E.T.E.O.R.

無題



Meteor -ミーティア-

『機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』の劇中曲。アーティストはT.M.Revolution

DESTINYにおいては『甦る翼』で使用されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミーティア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1160102

コメント