ピクシブ百科事典

ヤオコー

やおこー

ヤオコーとは、日本のスーパーマーケットチェーンである。
目次[非表示]

概要

埼玉県小川町で川野一族が経営していた青果店「八百幸商店」を源流とする。ちなみに八百幸商店の開業は1890年というかなりの老舗。
 八百屋から現在のスーパーマーケットへとスタイルを変えたのは、現在のスーパーマーケットとしての「ヤオコー」の実質的な創業者とも言える川野トモが、「前橋市セルフサービス方式を採用して成功している"松清"というがある」と聞きつけ、飛び込みで見学に行ったことがきっかけとされている。ちなみにこの「セルフサービス方式で成功した前橋の雑貨・松清」は、後のフレッセイである。
 松清の社長からセルフサービス 方式の雑貨店=スーパーマーケットとは何たるかを直々に教わったトモであったが、明治時代から続く家業を「セルフサービス式のスーパーマーケット」に転換するなどと言い出したら家族は一体どんな顔をするだろうかと不安になっていた。が、そんなトモの悩みを察した松清の社長は、後日に八百幸商店を訪れトモの両親の説得を行った。どこの連続テレビ小説だよ…
 これをきっかけに八百幸商店ではセルフサービス方式の導入の議論がされるようになる。そこでトモはダメ押しとばかりに従業員を引き連れて他の地域の
スーパーマーケット見学に出向き、比較的早期にセルフサービス方式の導入を実現させた。えっと、連続テレビ小説の話はもういいです…ってこれ現実であったことッスか!?

 また、トモの行動力に関しては様々な逸話があり、新舗開業前の視察の際に踏切待ちのを見つけたりしたら「新舗をよろしくおねがいしますね」と"宣伝"を行う、小川SC(小川町駅前にあるアレ)の土地取得の費用について悩んでいた際にはいつものトモを知っていた地元信の理事長がトモを呼び出し「私に任せろ!」と直々に伝えた…などの逸話がある。どこまでリアル連続テレビ小説をするつもりだこいつは…

 そのトモの行動力が反映されているためか、ローカルチェーンとしては売り場作りやスタイルの提案などに積極的と言われており、流通業界からも色々と注目されている企業である。しまむらと並ぶ埼玉出身の暴れん坊。

外部リンク

公式サイト
公式Facebookアカウント
Wikipedia

小ネタ

ヤオコーに国道16号線の周辺に出するということが挙げられる(最近は例結構あるけど)。
これは配送用トラックLNG燃料とする両一択であるが、そのトラックLNG補給できる基地…つまり「自社の物流センター」が16号線沿線にあったためと言われている。
最近では16号線からだいぶ離れた場所にも結構 している。恐らくLNG補給基地のめどが立ったのだろう。
茨城県 内ではどういうわけか土着のスーパーチェーン店・カスミ の店舗の近隣にやたらと出店する。何か恨みでもあるのだろうかと言わんばかりに。
同じ埼玉発祥のスーパーチェーン店・ベルクといろんなとこへ出店しており(近隣だったり)、一番のライバルかと思われる。

自社ブランド商品

大きく分けて2つあり。

Yes!
ヤオコーの自社ブランド商品。「Marketplace」シリーズの後継。
スターセレクト
業務提携をしているライフコーポレーションとの共同開発の商品。当然、ライフ店舗でも扱っている。

関連記事

親記事

スーパーマーケット すーぱーまーけっと

兄弟記事

コメント