ピクシブ百科事典

ヨーゼフ・メンゲレ

よーぜふめんげれ

ヨーゼフ・メンゲレ(Josef Mengele, 1911年3月16日 - 1979年2月7日)はドイツの医師、ナチス親衛隊 (SS) 将校。
目次[非表示]

第二次世界大戦中にアウシュヴィッツで勤務。収容所の囚人を用いて人体実験を繰り返し行った。実験の対象者や、直ちにガス室へ送るべき者を選別する際にはナチス親衛隊の制服と白手袋を着用し、クラシックの指揮者さながらに作業にあたったと伝えられ、彼の姿を見た人々からは恐れられた。人種淘汰、人種改良、人種の純潔、アーリア化を唱えるナチス人種理論の信奉者。愛称のベッポ (Beppo) はJosefのイタリア語読み「ジュゼッペ」(Giuseppe) に由来する。
戦後は南アメリカで逃亡生活を送り、ブラジルで海水浴中に心臓発作を起こし死亡した。

人物

現在一般的に知られるメンゲレの写真は異常性を引き立てるためにやや醜悪に写ったものが使われているが、妻をはじめとして本人を良く知る人物は、メンゲレは背が高くハンサムで親切な人物であったと評している。このことについては実験体となった被害者も認めており、南米の同僚に至っては、アウシュヴィッツでの行為について「彼がやったとは思えない。やったとしたら命令でしたのだろう」と発言している。
戦後ついに死ぬまで逃げ果せた著名な戦犯の一人である。モサッドは彼の目撃情報をつかむたびに迅速に動いたが、そのたびにメンゲレは跡形もなく消えていた。これにはナチハンターのサイモン・ヴィーゼンタールも「あと2年もあれば彼を捕まえられたのだが」と舌を巻いた。
存命中に息子をブラジルへ招待しており、当時の写真は現在も残っている。このことについて息子は「警察に引き渡すなんてできなかった」と語っている。息子が人体実験について父メンゲレに質したところ「息子よ、お前も新聞に書かれていることを信じるのか。全て嘘だ。お前の母に誓って言おう。決して人に危害をかけたことなどない」と答えたという。

ムダヅモ無き改革でのメンゲレ


第三帝国時代はナチス親衛隊将校にしてアウシュビッツ主任医官。二つ名は「悪魔医師」および「死の天使」。第四帝国の次鋒としてティモシェンコと対戦する。また、すでに故人であったワーグナーを蘇生させた張本人でもある。ハーケンクロイツのあしらわれた手術着、手術帽、マスクとゴム手袋と、そのいでたちは術中の外科医そのものである。目は切れ長で隈取のような線が入っている。
卑劣な闘牌でティモシェンコを追い詰めるが、2の2の核分裂の直撃を受け被曝する。瀕死の重傷を負い「秘術」により命を繋ごうと試みる。その際ティモシェンコに見逃すよう取引を持ち掛けるが、研究データのみさらわれる形で裏切られ、引導を渡された。
必殺技は七対子(双子はどこだ)、清一色七対子(デザインドチルドレン)。双子に妄執を示したメンゲレらしい勝負手である。

関連タグ

ナチス 第三帝国 ドイツ 親衛隊
双子 マッドサイエンティスト
SLAYER (代表曲の『エンジェル・オブ・デス』は、メンゲレの人体実験がモチーフになっている。発売当時、歌詞の内容がホロコースト生存者の怒りを招き、論争となった。)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨーゼフ・メンゲレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23945

コメント