2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ヨーゼフ・メンゲレ

よーぜふめんげれ

ヨーゼフ・メンゲレ(Josef Mengele, 1911年3月16日 - 1979年2月7日)はドイツの医師、ナチス親衛隊 (SS) 将校。
目次[非表示]

概要

第二次世界大戦中にアウシュビッツで勤務。収容所の囚人を用いて医学的に何の根拠もない人体実験を繰り返し行った。また、双子に執着し、一卵性双生児を用いた実験を多数行って多くの犠牲を出している。
実験の対象者や、直ちにガス室へ送るべき者を選別する際にはナチス親衛隊の制服と白手袋を着用し、クラシックの指揮者さながらに作業にあたったと伝えられ、彼の姿を見た人々からは恐れられた。人種淘汰、人種改良、人種の純潔、アーリア化を唱えるナチス人種理論の信奉者。愛称のベッポ (Beppo) はJosefのイタリア語読み「ジュゼッペ」(Giuseppe) に由来する。
戦後は南アメリカで逃亡生活を送り、医者として働いていた。
ブラジルで海水浴中に心臓発作を起こし死亡した。

人物

妻をはじめとして本人を良く知る人物は、メンゲレは背が高くハンサムで親切な人物であったと評している。
最後まで逃げおおせることができたものの、その間メンゲレはずっと追手の影におびえ、ちょっとした物音でも敏感な反応を示したとされる。
また、南米時代の同僚には「彼がそんなことをしていたとは思えない。やったとしたら命令されて仕方なくやったのだろう」という意味の証言をする者もおり、(南米時代は)人柄についての評価も高かったことがうかがえる。よほど自分の本性を隠すのが上手かったのか、普通の医者として働く分には好人物だったのか、何ともよくわからない人物である。

但し、息子に過去を問い質された際は「お前は、そんなことを吹き込む奴らを信じるのか。私は潔白だ。」と返答したり、「あの頃は仕方が無かった。逆らえば、自分も被検体達のような目に合っただろう。」と弁解染みた発言を残しており、少なくとも自分がやっていたことには自覚があったらしい。

関連タグ

ナチス 第三帝国 ドイツ 親衛隊
双子 マッドサイエンティスト
SLAYER (代表曲の『エンジェル・オブ・デス』は、メンゲレの人体実験がモチーフになっている。発売当時、歌詞の内容がホロコースト生存者の怒りを招き、論争となった。)

関連記事

親記事

一般親衛隊員一覧 しんえいたいいんいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヨーゼフ・メンゲレ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヨーゼフ・メンゲレ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56026

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました