ピクシブ百科事典

SLAYER

すれいやー

アメリカのメタルバンド。
目次[非表示]

概要

1981年に結成されたアメリカのカリフォリニア州出身のヘヴィメタルバンド。
同時期に結成されたMETALLICAMEGADETHANTHRAXと並んでBIG4と称される。
他の3バンドがスラッシュメタルから音楽性を変える中、今もスラッシュメタルを貫いている。

他のスラッシュメタルバンドよりも、ひたすらアグレッシブな作風が特徴的で、歌詞のテーマも、殺人虐殺サタニズム自殺精神病など、猟奇的で暴力的な内容が多く、教育委員会PTAの批判にさらされることも少なくない。

その代表例として、1986年リリースの『レイン・イン・ブラッド』収録の『エンジェル・オブ・デス』は、発売当時、歌詞の内容を巡り、大きな論争を呼んだ。この楽曲は、アウシュヴィッツでのヨーゼフ・メンゲレによる人体実験がモチーフであり、結果的に、アメリカ国内のユダヤ人組織やホロコーストの生存者の逆鱗に触れてしまったのがきっかけであった。このため、彼らを『反ユダヤ主義者』、『ネオナチ』、『レイシスト』などと誤解するものもいたという。

これらの経緯から、しばしば誤解されることの多いバンドでもあるが、トムは敬虔なカトリック教徒であり、無神論者のケリーも悪魔主義にも否定的な考えを持っている。また、先述の『エンジェル・オブ・デス』を手掛けたジェフも、インタビューでメンゲレを厳しく批判している(ちなみに、これが立証しうる根拠として、オリジナルメンバーのうちトムとデイヴの2人はヒスパニックの血を受け継いでおり、長年バンドのプロデュースを手掛けていた名物プロデューサーのリック・ルービンもユダヤ系である)。

しかし、その世界観や作風は、デスメタルブラックメタルなどに分類される数々のバンドにも多大な影響をもたらしている。

メンバー

トム・アラヤ (Vo, B) オリジナルメンバー。チリとの二重国籍者。吐き捨てるようなボーカルスタイルが特徴。以前は、8の字を横にした軌道で激しく首を振り回しながらベースを演奏する姿が知られていたが、近年は頸椎を痛めてしまったことから、極力首を振るのを控えている。
ケリー・キング (G) オリジナルメンバー。長いヒゲと上半身のタトゥーが特徴。いかつい風貌とは裏腹に、根は非常に優しく、動物好きと言うお茶目な一面も。
ポール・ボスタフ (Dr) これまでの豊富なキャリアと複雑なリズムも奏でられる巧みな演奏力からメンバーの評価を買われ、オリジナルメンバーのデイヴの後任として加入。2013年6月より、彼の再脱退に伴い、再び加入することになった。

元メンバー

ジェフ・ハンネマン (G) オリジナルメンバー。先述の「エンジェル・オブ・デス」をはじめ数々のバンドの人気曲を手掛けていた。筋金入りのハードコアパンクマニアであり、ジェフの音楽的な趣味がバンドの攻撃的なサウンドに非常に大きな影響を与えている。2011年クモに噛まれた傷が原因で壊死性筋膜炎を引き起こし、長らく休業していたが、2013年5月アルコール中毒による肝不全で死去。享年49歳。
デイヴ・ロンバード (Dr) オリジナルメンバー。キューバハバナ生まれ。激しいドラミングが特徴で、複雑なリズムも刻める凄腕な演奏力から、メタル界のみならず音楽界でも非常に高く評価されている。2002年より一時復帰していたが、2013年に再び脱退(原因はギャラの支払いを巡るトラブル。後のインタビューにてスレイヤーへの復帰の意思はないことを表明している)。現在は自らのバンドであるPHILMなどでのソロ活動や、AMENなど他のアーティストやバンドのサポート参加で活動している。
ジョン・デッティ (Dr) ポール・ボスタフが一時脱退した時とデイブの2度目の脱退に加入。ツアーのみの参加で、アルバムのレコーディングには参加していない。

関連イラスト

SLAYER!
BURRN!! 2010.12

pixivに投稿された作品 pixivで「SLAYER」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403325

コメント