ピクシブ百科事典

妖精帝國

ようせいていこく

妖精帝國より派遣された音楽ユニット。リーダーは皇女たるゆいが担当。ライブを式典、ファンを臣民と呼ぶなど、他アニソン関連ユニットの中でも独特の世界観を築いている。昔はデジタルサウンドを軸にした音楽だったが、今はメタルサウンドを軸にしている。
目次[非表示]

もしかして

電気式華憐音楽集団 伊月ゆい
※似たメンバーや声の持ち主がいますが、気のせいです。

妖精帝國は主に日本で活動する音楽ユニットである。
正式名称:妖精帝國第三楽団

概要

現在は5人編成となった音楽ユニット。ファンの事を臣民、主催ライブのことを式典と呼ぶ。

妖精を信じる心が失われつつある現代において、妖精を信じる心を取り戻すべく人間界は名古屋に降臨した妖精帝國皇女のゆいが結成したユニット。当初は橘尭葉と二人で活動し、やや激しいデジタルポップスを製作していた。

テクノトランスゴシックヘヴィーロッククラシックなどの音楽性を融合した音楽が評価され、「明日をゆるして」でメジャーデビュー。この頃からヘヴィメタルへと傾倒していく。それに伴い、音楽性を反映すべく生バンドメンバーを追加していくが、第参回公式視点以降は父親からの援助は全く受けられなかったことに加え、任務に対して消極的になっていったらしい。これに対し憤りを覚えたゆいは式典を利用したクーデターを敢行、実質的な為政者としての地位を手に入れた。そして、父親は神田のコスプレキャバクラへ亡命。

Hades:The bloody rage.
メルセデス・ベンツ770K「グロッサー・メルセデス」らしきもの


Wahrheit
Das Feenreich!



政権も手にしてからはtwitterを始めたり、気まぐれでラジオをやったりなど、活動勢力を着実に伸ばしていく。そして、第四回公式式典からはこれまで都内か名古屋メインで行われていた公式式典も開催地域を拡大して敢行したり、アニソンイベントへの参加機会を増やすなど、徐々にではあるが露出が増えている模様。そして、2014年からは現在の編成となり、本格的にヘヴィメタル路線に舵をとった。

楽曲についてはゆいが作詞を手掛け(たまに尭葉も手掛けるが)、初期は尭葉が単独で楽曲を作っていた。2012年後半になってからはゆい以外のメンバーが作曲を担当する(基本的には尭葉か紫煉)。アレンジは作曲者が中心となって煮詰めるスタイルを採用している。また、妖精帝國独自のシステムとして階級が設けられており、かつて行っていたラジオ番組からつけるようになった。現在の階級はTwitter上で開催した「PAX VESANIA LIVE TOUR」DVD/BD実況イベントからである。

国歌は「Patriot Anthem」(アルバム「GOTHIC LOLITA PROPAGANDA」に収録)。
ALI Projectの宝野アリカが女王として治める絶國QUEENDOMとは幾万光年離れた隣国同士で、同盟を組み、交易が盛んだという。また、毎年の年始には必ずラーメン二郎で食事をするという恒例行事を行う。

現メンバー

  • ゆい(ボーカル、作詞)

階級:皇女、終身独裁官
甘いロリータボイスが特徴で、この声が原因でメインジャンルのリスナーであるメタラーからは賛否両論となっている。他メンバーのトークがつまらないという理由で、基本的には雑誌の取材やメディアへの露出は彼女が行う。
尊大な口調で話すがMCに定評がある常識人(?)なので、トークコーナーではツッコミに廻ることもしばしば。それでも自身のラジオやこむちゃっとカウントダウンではリラックスした様子で収録に望まれているご様子。式典でのMCにも定評がある。
以前はゴシックロリィタブランド「BPN(ブラックピースナウ)」の愛好家だったが、この会社が東日本大震災の影響で倒産してしまうと、本気で困惑し、140文字世界にその気持ちをつぶやいた。
その後、幸いにも同社のデザイナーが新ブランドを立ち上げており、現在はそちらを利用している。

  • 橘尭葉(ギター、シンセ、作曲)
階級:少尉⇒大尉
結成当初からのメンバー。式典で『Patriot Anthem』をプレイする際にはコーラス担当も兼任する。それ以外のステージ上では寡黙で、コミュニケーション手段は専らギター。水銀党員であり、その影響で『孤高の創世』という人気曲を作ってしまったという逸話がある。
ソロ活動も行っており、過去に清水愛らに楽曲を提供したり、DIR EN GREYによるソロプロジェクト、Sukekiyoのアルバムにリミキサーとして参加したりしている。

  • Nanami(ベース、作曲)
階級:伍長⇒准尉
『第四回公式式典 Live G.L.D. Tour』より加入。調子に乗りやすいらしく、裏ではゆい様にたしなめられるらしい。第伍回公式式典ではかなり臣民を煽りまくっていたが、盛り上がっているかどうか判断する基準は不明。「神様と運命革命のパラドクス」からは作曲も兼任するようになる。

  • 紫煉(リードギター、作曲)
階級:なし⇒曹長
2013年に加入したギタリストで、リードギターを担当。『救世Ἀργυρός』など、一部楽曲ではグロウルも担当。ある同人サークル主宰に似ていると噂があったが…2015年のエイプリルフールにて正式に Unlucky Morpheusの主催・平野幸村であったことを公表。以降は紫煉名義に統一して活動中。かつてはサイキックラバーIMAJOが講師をしていた専門学校の生徒だった。
2014年から電気式華憐音楽集団へレンタル加入しているため、公表している範囲では唯一、他バンドと掛け持ちしているメンバーでもある。

  • Gight(ドラムス)
階級:なし⇒軍曹
2013年に加入したドラマー。オーディションのとき、「5分程、好きにドラムを叩いてみろ」と言われたが、長い曲が多いことで知られるDREAM THEATERを演奏し、メンバーを焦らせた前科がある。

元メンバー

  • Relu(ドラムス)

最終階級:伍長
『第四回公式式典 Live G.L.D. Tour』より加入。アンコール時にJUDAS PRIESTの『Painkiller』を演奏して、ゆいを慌てさせたことがある。これが原因なのか、2013年には脱退。具体的な脱退理由は公表されていない。

式典での注意点

式典は他アニソン系ライブとは違う注意事項が設けられている。
そこで、帝國では動画にて注意事項を促し、式典での注意事項をわかりやすくまとめているので、式典に初参加される臣民は是非確認しておくとよいだろう。



また、補足事項もまとめると以下の通り

  • アニソン系ライブイベントでのサイリウムは可。色は赤が望ましい。ただし、ヲタ芸は認められていない(楽曲にそぐわないため)ので注意。
  • 第四回公式式典にて怪我人を出してしまったため、より鑑賞マナーに気を使う様、スタッフとゆい直々にコメントする事態となった。周囲に倒れている人がいたり、後方へ移動したい人を見かけたら誘導するなり、助けるなりすること。

主な楽曲

鮮血の誓い Valkyrja Schwarzer Sarg Baptize
空想メソロギヰ filament last moment Wahrheit
彩の無い世界 霊喰い Asgard Dea x Crisis

関連タグ


リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「妖精帝國」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22887

コメント