ピクシブ百科事典

目次[非表示]

牙狼〈GARO〉~魔戒ノ花~』の第9話「飼育」で初登場したホラー。


※これより下は、ネタバレが含まれているので注意










「思イ出シタヨ。恐怖ニオビエタ人間ノ味、堪能サセテモラッタヨ!」
「人間共ハ俺ノ血トナリ一部トナッテイル。クダラナイ命ダガナ!」
登場話:第9話「飼育」
演: 柄本時生

概要

強姦殺人を犯した大学生・ミキモトの陰我に反応し、被害者女性の遺体をゲートとして彼に憑依したホラー。
ゴキブリを擬人化させた両性具有の昆虫人間のような姿で、口から吐き出す強酸性の溶解液が武器。
人間に憑依してもすぐには完全体にならず、覚醒までの間は依代となった人間の記憶を改竄して自身が憑依されたことを忘れさせるというある種の寄生昆虫を彷彿させる特殊な性質を持ち、「生物の雄を喰らいながら脱皮を繰り返して成長する全裸の女性を拾って共に生活する」という偽りの記憶をミキモトに植え付けていた。

活躍

ミキモトに憑依し、「甲虫や魚、そしてヒトといった様々なオスの生物を喰らいながら脱皮して成長する人間の女性を拾い養い、その裸体を毎日写真に収めていた」という偽りの記憶を彼に植え付けながら成長を重ね、彼の友人・シバタを捕食するとサナギ体になった。

ミキモトに連れられて誰もいない工場地帯で脱皮するが、マユリによって「殺した末に犯した女性の死体からホラーがミキモトに憑依し、ゲートとなった女性の死体を愛でながらせっせとミキモトの姿でメスの生物を喰らって成長し、女性やシバタを捕食、女性の死体を蒐集して写真に収めながら愛でていた」という本来の記憶を植え付けられて本性を顕す。

雷牙がその所業に静かな怒りを燃やした瞬間、脱皮してホラー態を露わし、俊敏な動きや溶解液で彼に挑むも、吼狼と牙狼の二大騎士を前になすすべなく敗北した。

余談

ミキモト役を演じた柄本時生氏は、のちの『牙狼〈GARO〉~-GOLDSTORM- 翔~』で双竜法師役を演じた柄本明氏の息子である。

名前の由来はサイコホラー映画の傑作『ミザリー』からか。

関連タグ

牙狼 ホラー(牙狼) 陰我ホラー 魔戒ノ花 

ゴキブリ 外道

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

コメント