ピクシブ百科事典

リュウロウ

りゅうろう

リュウロウとは、漫画『北斗の拳』の外伝シリーズに登場するキャラクター。

概要

CV:諏訪部順一(ラオウ外伝)

ラオウ外伝 天の覇王』に登場。後に『レイ外伝 蒼黒の餓狼』にも登場した。

ボサボサの黒髪に疎らな無精髭、鼻に貼った絆創膏と長いマフラーが特徴。
その気怠げな容姿とは裏腹に、その性格は紳士然とした物腰柔らかな人物であり、かつては「南斗の智将」と称された切れ者。ラオウも一目置いており、拳王軍の幹部に彼を迎えようと訪問するが、「民衆の側に立って戦うケンシロウのような男でないと世紀末の世は治められない」と進言し、逆にラオウに覇道をやめるよう諭した。

両雄ともに意見を曲げず闘うことになり、南斗聖拳の一派「南斗流鴎(りゅうおう)拳」で拳王相手に善戦するも、彼もまたトキらと同じく病に冒されており、発作により生まれた隙に拳王の拳を見舞い絶命する。

『レイ外伝』では、南斗六聖拳による謀議の場にシュウの代役として召喚される。レイの師ロフウの暴虐に対し「ロフウが覇を唱えればいずれラオウとぶつかり潰し合う」として、彼の件は放っておくべきであると説いた。

関連項目

北斗の拳
南斗聖拳
天の覇王
蒼黒の餓狼

pixivに投稿された作品 pixivで「リュウロウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1716

コメント