ピクシブ百科事典

ヴォルガード

ゔぉるがーど

「ヴォルガード」はデービーソフトが発売したシューティングゲーム。続編は「高機動戦闘メカ ヴォルガードII」。
目次[非表示]

ヴォルガード

ヴォルガード


1984年デービーソフトが各パソコン向け(PC-6001mkⅡFM-7X1MSX)に販売したシューティングゲーム

惑星トライデルへ侵略を開始した企業体「オルゴントラスト」による軍団を、試作段階の合体メカ「ヴォルガード」で迎え撃つというストーリー。

プレイヤーは戦闘機を操作する。
時間と共にパワーゲージが0%の状態から徐々に溜まっていき、その一定数ごとに2号機、さらに3号機が現れる。そしてパワーがFULLになると3機が合体してロボット形態のヴォルガードになるというもの。
戦闘機状態では残機性、ロボット状態では貯めたパワーを消費するダメージ性に変わる。

ただし、このエネルギーを貯めるシステムがクセモノで、パワーは自機が攻撃を発射する毎に減っていくシステムであり、しかも1発の消費量がかなりバカにならない。そして、合体できないままボス戦を迎えると、ほぼ絶望的な戦いを強いられることになる。
そのため、プレイヤーは弾を撃たず避けに徹することが必定になることから、しばしば「シューティングゲームじゃなくて避けゲー」と一部には揶揄されている。

現在、X1版以外がプロジェクトEGGにて配信中。


高機動戦闘メカ ヴォルガードⅡ

高機動戦闘メカ ヴォルガードⅡ


1985年ファミリーコンピュータ用に発売された続編。ただし、ストーリー的な繋がりは無く、合体も前作は3機必要だったのに対し、今作は2機に改まっている。

システムは前作からだいぶ刷新されており、
まず戦闘機形態もダメージ性に変更され、パワーメーターとは独立してダメージメーターが設けられた。
攻撃の度にパワーを消費するのは前作と変わらないものの、時間経過でパワーが増える方式ではなく、敵を倒すごと、且つやってくる補給艦からも得られるシステムにされた。この変更により初期段階でパワー0%ではゲームが成り立たなくなるため、今作では40%が初期数値となっている。

更に、今作には8方向ミサイルレーザーバリアなどのオプションがあり、それらはパワーゲージの貯まっている%によって補給艦から得られるものが異なる仕組み。

また、2号機は道中にて護衛に守られて飛んでいるのを拾う形に変更され、パワーがフルではなくとも任意で合体可能に改まったが、パワー25%以下では合体できないようになっている。


基本、ファミコン以外のプラットフォームでは販売されていないが、2008年Wiiバーチャルコンソールとして配信されている。

関連タグ

デービーソフト パソコン ファミリーコンピュータ
シューティングゲーム ロボゲー

関連記事

親記事

デービーソフト でーびーそふと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴォルガード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント