ピクシブ百科事典

上條恒彦

かみじょうつねひこ

上條恒彦は、日本の歌手、俳優・声優。
目次[非表示]

概要

1940年3月7日、長野県東筑摩郡朝日村生まれ。ケイセブン中村屋所属。
高校卒業後、1958年4月に上京。大森の雑貨品問屋の住み込み店員を手始めに、新聞配達サンドイッチマン、うたごえ喫茶の歌手など約15種類の職業を経験。
1964年3月、初めて勤労者音楽協議会(労音)で勤務し、のちに歌手としてデビューするきっかけとなる。
1969年、NHKのステージ101の初期メンバーとしてレギュラーになる.
1971年、グループ「六文銭」と共演した『出発の歌(たびだちのうた)』で、三重県合歓の郷で開催された「ポピュラーソング・フェステバル'71」のグランプリを、次いで11月、第2回世界歌謡祭でグランプリ・歌唱賞を受賞。
翌1972年には、第23回NHK紅白歌合戦にヤング101と共に初出場する。
また、フジテレビ系列の時代劇『木枯し紋次郎』の主題歌『だれかが風の中で』を歌い、ヒット。

俳優や(主に劇場アニメの)声優としても活動。

1968年に一度目の結婚。その後2人の男子をもうけるが離婚、2人の子どもは上條が引き取る。
1983年、付き人であった女優と再婚、4人の男子をもうける。


主な出演作品

TVドラマ


舞台


劇場アニメ

コメント