ピクシブ百科事典

信じて送り出したU-511が…

どいつぐんのみなさんごめんなさい

U-511はナチスドイツより技術交換の一環として日本帝国海軍に無償で供与された。しかし、その日本に渡った後・・・
目次[非表示]

概要

史実の第二次世界大戦においてナチスドイツから技術提供の一環で日本へ送られてきたはいいものの、あまりに精巧過ぎて当時の日本軍の技術レベルではU-511を複製・模倣することができず、量産体制が取れなかった。

艦隊これくしょん

未知との邂逅


その史実を踏まえて、U-511と呂500のイラストを手掛けた島田フミカネ氏が“着ていたスーツを解析した時に破けてしまい、代わりに日本の『水着』を着せられた”と解釈して今の状態となり、更に潜水艦娘の日課である南西諸島への度重なる出撃を行ったせいか、眩しいほどの小麦色の肌をみせる潜水艦娘となった。(※注記参照)


LO500


 どうしてこうなった


ドイツ軍の皆さん本当にありがとうございました。







激おこ閣下
総統閣下が提督たちにひと言あるようです


……こうなっている可能性も否めないが。


「おとなしい色白の少女が活発な日焼け娘に変化する」というシチュエーションは、タグ名の元ネタのように調教やら黒ギャルビッチ化悪堕ちのような少々イケナイ想像を誘うもの。
ただし、呂500となってからの内面は明るく人懐っこくこそなったが、言動自体は真面目で無垢なものである。
提督からのセクハラには抵抗するそぶりを見せるようになっており、むしろ身持ちは堅くなっている。

関連項目

潜水艦 ナチスドイツ 大日本帝国 U-511 呂500
艦隊これくしょん LO500

アヘ顔ダブルピース:元ネタは『信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて…』 という同人ゲーム
ヘタリア:『艦これ』のサービスが始まるずっと前に「ドイツが無償供与したUボートを、日本が再現できなかった」というエピソードをネタにした漫画が描かれていた。そしてこっちでも、ろーちゃんとは違うベクトル日本面を発揮していた(なお、ドイツは怒るどころか、その技術に驚愕してたり……)⇒艦ヘタ

※注記
ろーちゃんの日焼けは、フミカネ氏のツイートによると「日焼け跡のずれは、完全オフの時、私服で川遊びとかしてたので・・・」との事。しおいと「どぼーん!」していたのだろうか。

pixivに投稿された作品 pixivで「信じて送り出したU-511が…」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4495646

コメント