ピクシブ百科事典

修羅雪姫(まほいく)

しゅらのみちゆくしらゆきひめ

『魔法少女育成計画』の魔法少女「スノーホワイト」の、デスゲーム以降‘変わってしまった’彼女を指すタグ
目次[非表示]

タグ概要

本編以降、変わってしまったスノーホワイトの姿を、『修羅』と『白雪姫』(スノーホワイト)を組み合わせて表現したモノ。
それが転じて『ドスの利いた』『凄みのある』『冷徹な』(等々の)彼女を描いた二次創作絵を含んだタグにもつけられる。
ネタバレな上に、人を選ぶ二次創作を含む可能性があるため、タグ付けには注意したい。
タグの語源は小池一夫原作、上村一夫作画による漫画『修羅雪姫』から。

注意:本項目は魔法少女育成計画のネタバレを含んでいるため、先にスノーホワイトの項から閲覧する事を推奨します。


ネタバレ・スノーホワイト 真の概要

















































































魔法少女見習いの卒業試験が試験官のエゴで歪められたもの、それがデスゲームの真実であった。

凄惨極まる殺し合いの果て、リップルと共にただ二人の生き残りとなったスノーホワイトは正式な魔法少女たちが所属する「魔法の国」にすべての黒幕その元凶のこれまでの所業を告発。初めて事態に気づいた魔法の国は二人に平謝りし、生還した二人を正式な魔法少女に昇格。同時に魔法の国の名誉国民の地位も与えた。

だがスノーホワイトは、ただ状況に流されつづけ、結果的に生き残っただけの結末を激しく後悔する。
ラ・ピュセルもハードゴア・アリスも彼女を守るために命を落とし、共に生き残ったリップルもまた身体に大きな傷を負った。
白い魔法少女は「選ばなかった事を後悔するんじゃない。後悔する前に自分で選ぶ」と固く心に誓う。

結末

スノーホワイトは小さな親切では何も変わらないことを悟り、自分たちが巻き込まれた悲劇が繰り返されない事を、そして人の世界で起きている大きな悲劇を止めることを望み戦うための力を求めるようになる。そして最低の師匠との最悪な出会いと別れを経て戦い方を学び、その後も自らを磨き続けて(本作の世界観における)普通の魔法少女の枠を超えて活動するようになっていく。
高校に上がった頃には中東の紛争地帯に渡り、虐殺を行う某国の要人達を反体制派に引き渡す(早い話が革命の片棒を担いで国を一つ転覆させた)姿が見られる。魔法の国は地球の社会そのものに影響を与えるほどの過度な干渉を快く思っておらず、その間は私生活でも書き置きを残して家出という形になってしまっているが、意に介してはいないようである。

また、リップルからの情報提供を受けて、かつて自分たちが経験したような不正な卒業試験の疑いのある試験官の調査と逮捕にも出向いている。彼女とは過去と志を共有する盟友となっている。


そして…

魔法少女育成計画restartの頃には、淡々と敵の攻撃を捌き、やはり淡々と消火器で相手の頭を殴り続ける彼女の姿があった。どうしてこうなった

魔法少女狩り―――それは悪い魔法少女たちを次々逮捕していくスノーホワイトについた二つ名である。


  • 能力
魔法少女見習い時代と比べて過剰なまでの冷静さを身につけ、戦いに手段を選ばないなどもはや別人と化している。
最大の変化は「困った人の心の声が聞こえる魔法」の強化。無意識下の心の声まで読み取れるようになり、相手が無意識に思ってしまう「知られたら困る」や「されたら困る」、つまりは弱点や次の攻撃を筒抜けにできるようになった。
本世界観の読心魔法は相手の処理能力を超える情報を叩きつけることで対抗できる(最悪、脳が破壊されて死ぬ)が、スノーホワイトが聞こえるのは「困った声」のみであるのでそのような対策も通用しない。
戦闘とは逆に魔法少女達の思惑を読み取り、調整役として無用な争いを避けることにも役立った。

かつての(最低かつ変態な)師匠の教えは忠実に守っており、上記の通り戦いにおいては手段は選ばない。自身の運命を変えたデスゲームの残滓である四次元袋と魔法の薙刀、逮捕した犯罪者に仕えていたマスコット(それもアイツの同型である曰く付きの機種)など、利用できるものはなんでも利用する。時には変身を解いて人混みに紛れ、一般人を盾にすることすらある(彼女のように一般人を平気に巻き添えにする者もいるため、心を読めるからこその芸当といえる)。

このルール無用の戦い方と相手の「困る」をピンポイントで読み取る読心によってスノーホワイトは正式な魔法少女となって以後無敗を誇り、魔法の国の監査部のトップエースとして有名人になっている。

とは言え、負けずとも読心能力のお約束通り心を読んでも対処しきれない相手にはやはり相性が悪い。

だが、真の弱点は名が売れたせいか狂人や変質者にばかり目をつけられる事かもしれない。

  • 人物

Snow White
スノーホワイトさん


かつての天真爛漫な少女の姿は見る影もなく、無愛想で無表情な狩人へと生まれ変わっている。

悪い魔法少女には一切の容赦がない。特に自身をデスゲームに巻き込んだ黒幕達は己の亡き後も信奉者達によって伝染病のごとく魔法の国に闇を広げ続けており、スノーホワイトはその「思想」そのものを激しく嫌悪している。彼女らの不正な試験で見習いから昇格した(させられた)通称「子供たち」には「自分勝手で我儘」「思う通りにならないと暴力で解決しようとする」「自分が正しいと思うことには魔法の国にも逆らう」とまで吐き捨てている。

悪に対する容赦の無さ・手段を選ばぬ戦い方・エゲツない能力へと進化した元・人助け専用魔法などまるで闇堕ちしたかのように見えるが、彼女の本質は固有魔法共々変わってはいない。魔法少女狩りとなった後も、無用な争いは極力避け、冷徹に振る舞いながらも人の死に心を痛めている。見習い時代に行っていた「小さな親切」は殺伐とした世界に身を置くようになった今でも欠かさず行なっている。

一方で自分もまた「子供たち」の一人である事を認めており、そんな自分が悪人を裁く事に思い悩む事も。
実際、魔法の国が避けている社会そのものへの過度な干渉や、緊急時とはいえ自身の魔法を利用して魔法の国のパスワードを盗み取るなど「自分勝手で我儘」「自分が正しいと思うことには魔法の国にも逆らう」は彼女自身にも完全に当てはまってしまっている。

本編での出来事

  • restart

マスター(主催者)サイドにて登場。事件の元凶の元に、監査官として現れる。

  • limited
本編への登場は無かったが、ここでの出来事がスノーホワイトに大きな影響を与える事となる。

  • JOKERS
リップルの端末から届いたメールを見て人造魔法少女の計画を知る。この時点でファルから袋井魔梨華等の魔法少女同様「暴力のプロフェッショナル」と言われており、魔法少女狩りの名に違わぬ活躍を見せている。

  • ACES
プク・プックからプレミアム幸子の保護を依頼される。様々な出来事に動揺はしたものの、出来る限りの手を尽くし幸子をプク邸の前まで護送したが・・・

  • QUEENS
この時点ではプク・プックのお友達であり、参謀・護衛隊長としてプク・プックの手伝いをしている。

真の関連タグ

リップル:クラムベリーの試験のもう一人の生存者であり、共に戦う盟友。
ピティ・フレデリカ:最低最悪の師匠。彼女が初めて逮捕した悪の魔法少女にして変質者第一号。
読心術:彼女の能力が進化した形。
鈍器魔法(物理):業務用消化器。
悪の敵:目的達成のために手段を選ばなくなった彼女の振る舞い。

潮井梨ナ雫芽さりな:同じく、心に闇を抱えた魔法少女狩り(こちらの読みは「マジカルハンター」)。

pixivに投稿された作品 pixivで「修羅雪姫(まほいく)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70042

コメント