ピクシブ百科事典

修能

すぬん

修能とは、韓国の大学入試で行われる全国共通の一次試験のこと。大学修学能力試験 。
目次[非表示]

概要

1993年から実施されている、韓国の大学入試における年1度の共通試験(初期は年2回だったことがある)。
日本のセンター試験に相当し、大学入試の中でも配点が高く、これで点を取らないと志望校合格はおぼつかない。
韓国では高校までは総合選抜による振り分けなどのため、事実上入試が殆どない。
このため、実質的に大学入試の一発勝負で学歴が決まることになり、男子の場合は特に兵役との関係で浪人が難しいため極力現役で勝負しなければならない。
また、超学歴・学閥社会であるため少しでも上位の大学に入ることがその後の人生を大きく左右するため、子供達は幼い頃から修能に向けて猛勉強を強いられるため苛烈な受験戦争となっている。
とはいえ、長引く不況から最も上位とされるソウル大学に入学出来てもコネの無い家庭出身者の就職はラクではなく、運良く財閥系企業に入れても社内での出世競争に破れれば40代でリストラの憂き目に遭うなど、大学入試を突破できても韓国の若年層には苦労が絶えない。

現在は国民的一大行事の様相を呈しており、試験当日には親はもちろん、受験生の後輩達も開場前で応援を行ったりする。
遅刻しそうな受験生には白バイやタクシーが送迎する光景は最早定番。
後述するような験担ぎやカンニングを目論む者達との攻防も激しく、試験当日は交通規制が敷かれ国内は修能一色となる。
英語のリスニング試験の時間帯は飛行機の離発着も禁止となっているほど。
カンニングを防止するため、試験会場は直前にならないとわからない。

試験は概ね11月中旬に行われ、結果は1ヶ月後に判明しこれを元に志望校を最終決定する。

問題作成

問題作成を担当する出題委員は運営元である韓国教育課程評価院が選んだ大学・高校の教員達約300人が就任する。
担当者はその年度毎にリストの中から選んで一方的に通知を受け、厳重な手続きの後問題作成の合宿に参加する。
問題漏洩を防ぐため出題委員になったことは決して口外してはならず、本番の1ヶ月前から人里離れた場所に全員が缶詰生活を送り、問題作成と修正作業を行う。
その生活はコンクラーベも顔負けの監禁っぷりであり、外部との連絡や外出は1ヶ月絶対厳禁。
問題作成のためネットで調べる時も横に保安員の監視がつき、親の葬儀などどうしてもといった事情のときも監視がつく。
出題委員の給料はかなり良いが、非常にプレッシャーのかかる仕事のため必ずしも選ばれて喜ばしいものでもないようである。

験担ぎ

受験生やその家族が人生をかけるといっても過言でない試験のため、験担ぎやそれに便乗した商法も非常に多い。
宗教団体による合格祈願集会やミサ、親が学校の前で祈るなどは当たり前。
語呂の関係で合格を連想させるようなものを縁起ものとして持つことも多く、定番の品は
トイレットペーパー
「問題を上手く解く(シホムルプルダ(시험을 풀다)」」と鼻をかむの「プルダ(풀다)」をかけた連想から。
フォーク
「解答に刺さる」という意味から。

「志望校にくっつく」という祈願から

その他にも多数の合格祈願グッズが各企業から売り出されている。


Pixivでの傾向

韓国語の수능タグとともに、殆どが韓国人ユーザーによる投稿。
受験生への応援イラスト作品で占められている。

関連タグ

受験 韓国

pixivに投稿された作品 pixivで「修能」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114

コメント