ピクシブ百科事典

ちょう

兆(ちょう)は漢字文化圏における数の単位の一つ。兆がいくつを示すかは時代や地域により異なる。

兆(ちょう)は漢字文化圏における数の単位の一つ。兆がいくつを示すかは時代や地域により異なる。現在、日本・台湾・韓国では1012(1000000000000)を示す。
当初は、10倍ごとに位取りの名称を定める「下数」が行われていたので、一・十・百・千・万・億・兆で「兆」は106となる。後に行われた「上数」では、兆は億(108)の億倍で1016を指した。「中数」の万万進では上数と同じく1016、万進では億の万倍で1012となった。
日本では江戸時代に万進に統一されたので1012となる。
中国では、近代まで万万進と万倍が混用され、「兆」はあまり使われていなかった。1012のことは「万億(万亿)」という。現在では「兆」は主に西洋語のメガ(100万)の翻訳語として使われるが、これは下数に相当する。なお、「テラ」は音訳して「太」(または太拉)という。一方、台湾ではメガの意味で「百万」を、テラの意味で「兆」を使用しているため、混乱のもとになっている。
ベトナム語で100万を意味する「triệu」も「兆」の漢字音である。
兆の位および前後の位の命数は以下のようになる。下表が示す通り、兆の位に達するか兆の位を超えると、よく天文学的数字にはねあがるという表現が使われる。

関連タグ

数字

pixivに投稿された作品 pixivで「兆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント