ピクシブ百科事典

内匠P

たくみぴー

漫画『アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRL』に登場する「プロデューサー」の通称。
目次[非表示]

CV:内匠靖明

人物像

ある出来事がきっかけで向井拓海と知り合い、彼女の担当となったプロデューサー。現時点で名前と年齢は不明。

芸能事務所に籍を置く身ではあるが、銀(灰?)色に染めた髪、サングラス、唇のピアス、黒スーツ+派手な柄のシャツという見た目から、その姿はヤクザチンピラ、良くてホストという印象が先に立つ(一応正式な仕事の場ではスーツを着る時もあるが、拓海からも「似合わない」と一蹴されている)。
性格面も、不真面目でスケベで高圧的で喧嘩っ早い……とはっきり言って最低。拓海のスカウトもナンパまがいだったため、見開きで拓海に殴り飛ばされた。
そのため誤解を招きやすく、些細なトラブルから警察の厄介になる事も多い。警察署から出勤する羽目になった事もあった。

プロデュース方針も利己的かついい加減。拓海をからかったり、セクハラ発言をしてはぶっ飛ばされるのが定番のオチである。
しかし彼女の扱い方はしっかり把握しており、義理堅く、熱いものに目がない性格を利用し、どんなに恥ずかしい仕事でもその気にさせるという原作のプロデューサーを思わせる器用さを見せる。
また、アイドルを守ろうとする気概もそれなりにあり、藤本里奈に痴漢を働いたイベント主催者に拓海が頭突きを食らわせた際、「仲間」を守った拓海を讃えた。
一方、事務仕事は大の苦手。千川ちひろに尻をひっぱたかれながらしぶしぶやっている。
事務所の部長とも反りが合わず、しょっちゅう喧嘩したり、「クソハゲ」などと陰口を叩き、部長からは挑発されるとすぐ噛み付いてくる性格などを「(拓海と)似た者同士」と評されている。
とはいえ拓海達の活躍に触発されてプロデュース活動に努力する姿勢も見られるようになり、拓海や部長からも認められるようになっている模様。
実際に、拓海と里奈のユニット「ノーティギャルズ」の名実ともに生みの親であることや、片桐早苗のコンセプトを確立して人気を押し上げるといった、目に見える実績も描写されている。

歴代声付きプロデューサーの中で、唯一の喫煙者。(一応、346アニメ版のアイドル部門部長今西も喫煙者)飲酒量も多く、ボイスドラマVol.1ではビールをピッチャーでおかわりした挙句、翌日二日酔いで出勤している。

上記の通り、いつも拓海にセクハラを働いては制裁を食らったりしているため、弱く見られているが、12話では拓海のライブを襲撃した暴走族相手に彼女がいないところで高い戦闘能力の片鱗を見せた。なおここでは回避と牽制に徹し、暴力行為は行っていない。
また、ボイスドラマVol.3では自動車免許を持っている事や、バーベキューの下準備をほぼ一人でこなす技能などを見せた。

名称について

作中に明確な名称が登場しておらず、かつ他のPのように声優がついていなかったため、拓海のプロデューサーという事で「拓海P」と呼ばれていた。
しかし『WILD WIND GIRL』単行本第1巻の特装版にボイスドラマを収録した特典CDが付属する事が発表された際、拓海Pの登場もアナウンスされ、誰がCVを担当するかで界隈を賑わせた。

そして2016年8月31日放送の「STARLIGHT MASTER 05 純情Midnight伝説」の発売記念ニコ生にて、CVが内匠靖明(たくみ やすあき)氏である事が発表された。
なお、プロデューサーの名字とその担当アイドルの名前がマッチしたのはオーディション中に判明した偶然の一致であるとの事。
これ以降、内匠Pとも呼ばれるようになる。

余談だが、声優もたくみん、担当アイドルもたくみんという事で、「たくみ」と呼ばれ拓海役の原優子さんと同時に返事をするなどといった混乱もあった模様。

関連項目

アイドルマスターシンデレラガールズ
プロデューサー(アイドルマスター)
ワイルドウインドガール

ノーティギャルズ向井拓海藤本里奈片桐早苗・・・担当アイドル。

間島P Pヘッド 赤羽根P 武内P 米内P・・・同業者。

pixivに投稿された作品 pixivで「内匠P」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294699

コメント