ピクシブ百科事典

円盤獣ギルギル

えんばんじゅうぎるぎる

円盤獣ギルギルとは、『UFOロボグレンダイザー』及び『ロボットガールズZ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

UFOロボグレンダイザー』第1話「兜甲児とデュークフリード」に登場した最初の円盤獣
円盤形態からハンバーガーのように上下に別れ、のような手足が出現する。
円盤形態では地中穿孔能力も持つ。
ベガ星連合軍スカルムーン師団の地球侵略を妨害してきたグレンダイザーを襲撃するも、変形中にスクリュークラッシャーパンチをねじ込まれて撃墜された。

その後、デューク・フリードの元婚約者・ナイーダが「自分のがギルギルに乗っていた」と発言しているが、フェイクの可能性が高い。

最初の敵なだけあって『スーパーロボット大戦シリーズ』でもグレンダイザーが参戦するときにはだいたい雑魚敵として登場(原作でも第7話で同型機らしき円盤獣が量産されている)。初登場となった『第2次スーパーロボット大戦』ではベガ星連合軍が登場しないのにDCの無人兵器として出現した。
一部作品ではナイーダ自身が搭乗していることもある。

ロボットガールズZ

CV:山村響

非常に面倒くさがりな、典型的現代っ娘。
外見はっぽいのに泳げなかったり、ひっくり返っても慌てないなどらしい要素が不足気味だが、都合が悪くなると手足頭を引っ込めるのは同じ。
なぜかTFOさんには強気な態度をとる。

「テレビランド」今道英治版コミカライズ

なお、「テレビランド」1975年11月号から掲載された「UFOロボ・グレンダイザー」のコミカライズ(作者は今道英治)に登場したギルギルは、自らの意志を有している。
「テレビランド」75年12月号に掲載された二話にて、グレンダイザーと対戦するも敗北。ベガ星のブラッギーから、無能なゾウガメ呼ばわりされて深く傷ついたギルギルは、グレンダイザーとデューク・フリードに再び相対し問いかける。

ギルギル「グレンダイザー、あんたに聞きたい! おれはゾウガメじゃないよな?」
グレン(デューク)「こ、この野郎……。こんなときにふざけたことを……」
(いきり立ちつつ)
グレン(デューク)「きさまのどこがカメなんだ。おれにとっちゃにくい怪物だぜ。おまえは地球をねらうベガ星人の、恐るべき円盤獣だ!」
ギルギル「(涙を流しつつ)……そうとも、おれは、円盤獣なんだ!」

デュークから説得を受けたギルギルは、感激してアイディンティティを回復し、涙を流しつつ去って行く。
そして次号・76年1月号の三話では、ピンチに陥ったグレンダイザーの元に駆け付けたギルギルは、グレンダイザーと共闘し、ベガ軍団と戦う。
しかし、ベガ軍団の裏切り者となってしまったギルギルは、

ギルギル「同じ死ぬなら、円盤獣とよんでくれたあんたに殺されたい!」

 と、懇願するが、

グレン(デューク)「あまったれるな! 軍団を抜け出して一人になったのなら、なぜ強く生きようとしないのだ!」

 と、デュークから諭される。
(本作のデュークは、やや熱血漢にアレンジされている)

関連タグ

UFOロボグレンダイザー
ベガ星連合軍
円盤獣

関連記事

親記事

円盤獣 えんばんじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「円盤獣ギルギル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 562

コメント