ピクシブ百科事典

前髪クネ男

まえがみくねお

「前髪クネ男」とは「あまちゃん」に登場するとある人物の蔑称、であったのだが今ではほぼ愛称。詳しくは本文にて。
目次[非表示]

概要

前髪クネ男」とは、NHK朝の連続ドラマ小説「あまちゃん」に登場するとある登場人物の、蔑称転じて通称転じて、今ではこの登場人物を演じた勝地涼」の愛称である。

その課程については下記の解説を参照のこと。

解説

主人公:天野アキはドラマ本編で、女優:鈴鹿ひろ美に抜擢される形で、映画「潮騒のメモリー」の続編のもう一人の主人公役であり、鈴鹿の娘役にキャスティングされた。

いろいろちょっとした騒ぎは起こっていたが、それでもなんとか撮影は順調に進んでいた。

そんなある日の撮影日のこと。

アキの相手役として、アイドルダンスチーム「ZOO STREET BOYS」のメンバー:TOSHIYA(トシヤ)がやってきた。

ところが、
こいつがまあとんでもないチャラ男で、常に手鏡で前髪を気にしながらいじくっていたり、挙げ句に腰を前後左右にクネクネとさせていたため、アキから思いっきり嫌がられてしまう。
そしてアキがこっそり付けたあだ名が「前髪クネ男」。

前髪クネ男


ぶっちゃけ蔑称である。

そして映画の中で、なんとアキとキスシーンを演じる事になってしまう。
もちろんアキは嫌だったけど、お仕事なので我慢する事にした。
のだが、
キスシーンの本番前に突如、TOSHIYA本人から、「自分のファンからのイメージ悪化」を理由に、アキとキスをする事を拒否してきた。
仕方ないので撮影する角度を調整して、それっぽく映す事で解決したが、アキにとっては幸いだっのか、それとも(笑涙)

また「貪る」を「踊る」と読み間違えて荒巻太一が怒るなど、荒巻ですら持て余すキャラクターであった。

で、
この「前髪クネ男」128話の、たったの1話しか出ていないのにも関わらず、ファンに強烈なインパクトを与えた。

それは最終回後にpixivに投稿された「あまちゃん」登場人物集合絵に、何故かこの「前髪クネ男」がいる作品がある事からも伺える。

あまちゃん


※右下。

あまちゃんありがとう!


※左上。

ありがとうあまちゃん


※上部少し左。

勝地涼について

この「前髪クネ男」を演じた「勝地涼」は、れっきとした俳優である。
当時はいわゆる下積み時代であり、ドラマや映画や舞台、そして声優の経験も積んでいた。

そして勝地がとある舞台に参加した時に出会ったのが脚本家:宮藤官九郎
勝地の「どんな変な役でもこなそうとする、演技に対する生真面目さ」を気に入ったクドカンは、勝地をなんとかして全国区にしようと企んだ。
それがこのあまちゃん」の「前髪クネ男」のキャスティングだった。

そして「前髪クネ男」の前髪腰クネキモ演技を直接指導したのが、他ならぬ荒巻太一役の古田新太であった。
勝地涼、『あまちゃん』“前髪クネ男”誕生の裏に古田新太との猛特訓|ニフティニュース

この時、勝地は古田新太に「お前、NHKに爪痕残したぞ!!」と告げられた。
そしてそれは本当の事となる。


「前髪クネ男」と同時期に、NHK大河ドラマ「八重の桜」で「山川健次郎」役で登場しており、「全然チャラく無い前髪クネ男が出てる!!」とTwitterで騒然となり、
あまちゃん前髪クネ男が「八重の桜」再放送で登場、チャラさ無し、驚きのタイムライン! - Togetter

前髪クネ男詰め合わせ



また、前田敦子(しかもよりにもよって「GMT47」の元ネタ「AKB48」の元メンバー)と結婚した時もTwitterでひと騒ぎとなった。
元AKBあっちゃん、前髪クネ男の嫁となる『勝地涼と前田敦子が結婚!交際半年足らずでのスピード婚』/『みんな前髪クネ男言いすぎや』 - Togetter
確かに「前髪クネ男」と言い過ぎである(笑涙)


そして2019年現在、NHK大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜」に、主人公「金栗四三」の同郷の友人「美川秀信」役で出演している。

それがまあ、またこんな更にクネクネが進化した髪型をしていたり、また更に濃い役を演じてるため、

【いだてん】4話感想【大河ドラマ】



「天パ眼鏡」やら全体的にクネ男やら全髪クネ男やら、めっちゃ言われ放題である。


というわけで現在「前髪クネ男」は勝地涼愛称となっている。

「あまちゃん」ファンは、「前髪クネ男」の活躍を今でも暖かく見守っている。

関連タグ

あまちゃん 宮藤官九郎
あま絵
アイドル チャラ男 クネクネ キモい
前髪

当たり役 出世役
愛称

関連記事

親記事

あまちゃん あまちゃん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「前髪クネ男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1519

コメント