ピクシブ百科事典

加法混色

かほうこんしょく

赤・緑・青の3色

加法混色とは、色を表現する媒体のうち、様々な色の発光体を組み合わせて色を作る方法。この場合、典型的に使われる原色は赤 (Red) ・緑 (Green) ・青 (Blue) の三色である。白色の光を合成する為の波長を「光の三原色」や「色の三原色」と言う。

テレビやディスプレイはこの三原色からなる「RGB」を用いて様々な色を加法混色で作る代表的な例。原色として用いられる三色は、幅広い色を表現するために色度図上で可能な限り大きなカラートライアングルを描ける色相純度の色であり、蛍光体や燐光体の手に入りやすさ(またはコストや使用電力など)も加味して選ばれている。ITU-Rの勧告BT.709-2 (ITU-R BT.709-2) で定められたsRGBはその例である。

しかしpixivでこのタグはHTFフレイキーフリッピースプレンディドの三人(三匹)がセットで描かれてる絵に多くつけられている。
その三人のカラーが赤・緑・青だからだと思われる。

関連タグ

色の三原色,光の三原色,RGB,RGBトリオ,CMYK

pixivに投稿された作品 pixivで「加法混色」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415312

コメント