ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

危険なふたり!超戦士はねむれない

きけんなふたりすーぱーせんしはねむれない

『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第13弾。敵はブロリー。俗に言う「ブロリー映画三部作」の2作目にあたる。
目次 [非表示]

概要編集

フルタイトルは『ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない』。公開日は1994年3月12日。


サイヤ人は死の淵から生き返るごとに強化される」設定を元に、ブロリーの復讐劇を描いた話で、劇場作品としての前々作『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』から明確にストーリーが繋がっている(劇場版としては『とびっきりの最強対最強』と『激突!!100億パワーの戦士たち』以来のストーリーが連続する作品であり、同作のボスキャラクターのクウラと並びブロリーも複数回登場するキャラとなった)。


魔人ブウ編では初の映画作品。孫悟飯は高校生に、トランクスは8歳になっている。また、孫悟天ビーデルが初登場した映画でもある。

孫悟空はこの時期は死亡しているため、終盤にしか登場しない。


時系列としてはグレートサイヤマンの登場から魔人ブウとの戦いの中間にあたる。

同時上映作は『Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!!助けたサメに連れられて…』『スラムダンク』。その影響か、冒頭で「ドラゴンボールを手に入れたら」と妄想する悟天の思い描いた巨大なケーキの中にアラレちゃん鳥山明自画像がこっそり隠れている。

劇場作品では本作からオープニング主題歌が「WE_GOTTA_POWER」へと変更になり、『復活のフュージョン!!悟空とベジータ』まで使用された。


あらすじ編集

前々作『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』で初登場した伝説の超サイヤ人ブロリーが、宿敵カカロット孫悟空)を追い地球にやってくるが、深手を負ったまま極寒地帯のの下に閉じ込められる。

時は流れてそれから7年後、孫悟天嘘泣きで眠りから覚めたブロリーは、ドラゴンボール探しをする悟天、トランクスビーデル一行に襲いかかる。


登場人物編集

ブロリー 孫悟飯 孫悟天 トランクス

ビーデル クリリン 孫悟空カカロット

祈祷師 ココ ナタデ村の怪物


関連タグ編集

ドラゴンボール DRAGONBALL DB ドラゴンボールZ DBZ

燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

伝説の超サイヤ人 これが噂のイケメンブロリー 親子かめはめ波


銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 → 危険なふたり!!超戦士はねむれない → 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(ブロリー三部作最終章)

関連記事

親記事

ブロリー三部作 ぶろりーさんぶさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187377

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました