ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:遊佐浩二(テレビアニメ版)/小西克幸(ゲーム)

演:満島真之介(実写映画)/有澤樟太郎梶裕貴(舞台版。梶は東京公演のみ)


秦王派の一人で、昌文君の副官。主君とともに王都奪還に参加し、またその際に死んだの最期の姿をに伝えた。

名門の貴士族の生まれだがそれを鼻にかけることはない真面目な性格(ただし将軍に昇格した理由はコネと噂されているらしい……)。

武官として秦王派を引っ張るべく、その極みにある大将軍を目指している。

将としてはまだ発展途上で、基本に忠実かつ兵を大事にする戦い方をする一方、奇襲や巧みな戦略をする敵の対処には後れを取ることが多い。

信ほどの速度ではないが、彼自身も戦功を積み重ねて順調に出世し、現在は将軍の地位にいる。また、幾度となく死線をくぐり抜けており、その生存能力は非常に高い。

一度階級で並ばれたり、急成長した信に気圧され気味になったりと気苦労も多いが、それでも怒りに我を忘れた信を殴ってでも止めるなど、良い兄貴分のような存在となっている。

山の民との対面した際、素顔を見せた山の王の楊端和に一目ぼれし、橑陽城は山の民との共闘によって攻略するなど、山の民との絡みが多い。


余談

この『壁』という人物は史実で詳細に語られている訳ではなく、史実での彼に関する記述は『史記』の屯留で起きた始皇帝の弟(成蟜)の叛乱における『将軍壁死』という一文のみである。ここから『壁』というキャラクターが誕生し、同時にその場面で死ぬことが決定づけられていたが、のちに城内で戦死することを『壁死』ということが発覚。実は『将軍壁死』を『将軍壁が死んだ』と訳するのは誤訳で、『将軍が城内で死んだ』というのが本来の訳である可能性がでたため、悩んだ末急遽生存することが決定したと作者が述懐している。

作中では、将軍となった壁が屯留で叛乱を起こした将軍・龍羽を弓で射殺したことで辻褄が合うようにした他、『キングダム公式ガイドブック 覇道列紀』では彼の能力を疑惑の史実バリヤーと表現した。

だが、続く『戦国七雄人物録』では史実バリヤー解除と記載され、いつ死んでもおかしくない状況に立たされたとも言え、死亡フラグが付きまとうこととなった。

趙攻略編では橑陽戦で犬戒王・ロゾを討ち取る大功を挙げるものの、その過程で壁軍と山の民の食糧を趙軍に燃やされたことで窮地に立たされた。

赤麗城では場内の井戸水に仕込まれた毒によって死にかけるも、自分よりも仲間が水を飲むことを優先し配膳していた結果、自分は殆ど飲まず毒が致死量に至らなかったため生き延びた。

番吾の戦いでは獄中で飢えに苦しみながらも、番吾の地には罠があるから来るなと心の中で秦軍に警鐘を鳴らしている。


なお、浅水伸彦氏による小説『李信伝異聞』では、『将軍壁が死んだ』という解釈を取り、立場的に李信と完全に敵対する位置付けとなっている。


関連タグ

キングダム

 嬴政 河了貂 昌文君

関連記事

親記事

キングダム きんぐだむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98280

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました