ピクシブ百科事典

操提督

みさおていとく

操提督とはフジガクボウ氏の艦これ漫画に登場する、異色の経歴を持つ女性提督である。
目次[非表示]

概要

フジガクボウ氏の艦これ漫画に登場する主人公の提督である。
フルネームは「宇弦 操」。「うげん みさお」と読む。

経歴

陸軍出身(陸上国衛隊)という時点で異色の経歴を持つと言えるが、それ以外にも

  • 島嶼方面の普通科連隊に空挺部隊として所属した他、訳あってすべての科を渡り歩いていた
  • 警務科(俗に言う憲兵)にも所属していた
  • 格闘徽章やレンジャー徽章など、7つの徽章を授与されている
  • 特に射撃の腕に関しては特級レベルの実力を誇る(捌きも特級だとか・・・)
  • 自主退官した後、海軍学校に入学し、提督として卒配される
  • 覚醒するととんでもない事になる(同期の隊員曰く高スペック粛清マシーンだとか)
    • 覚醒率13.0%でも5発式リボルバーで60メートル先の標的に全弾命中させられる。が、これでも本人は鈍っていると感じる
    • 覚醒率がunknownクラスになると、生身(蹴りだけ)で深海棲艦のボス級を潰せることが最近確認された。もう提督だけで良いんじゃないか…
と、兎にも角にもすごすぎる人である。
実は、ある調査で警務科のときにまさか民間人に危害を加えていないかという疑問点が残ったが、どうやら違ってたようである。
(修正資料によると、駐屯地内の隊員宿舎の一室だったとのこと)
また、周辺海域には離島が多くあり、有事の際、住民の疎開支援も行っていた。
なお、慰安コンサートも積極的にしているようだ

ただ、彼女がいる鎮守府艦娘は、一筋縄では行かない人ばかり…なのが現実であるし、
海軍陸戦警察隊はある意味とんでもない精鋭だらけだしと、この経歴を持ってしても非常に大変な所である。
また所属の艦娘の反応を見る限り、どうも天然ジゴロ的素質があるようである。
端から見るとフェロモンでも発していそうなレベルだが、露骨に発現した場合はMPによるシバキの対象となるため、それが提督まで及ぶことはまずない。たとえそれが妄想の中であったとしても。

所属鎮守府

鎮守府概要

白百合ヶ丘鎮守府の第5代提督として就任(階級は少将)
鎮守府から市街中心部までは電車とモノレールを使い約50分の距離。
鎮守府の外観は、どうやら使われなくなった寄宿制の女学校を改良して使用しているようだ

なおif史だが、この市街地に突如SUMOU教導艦日向が突如現れ一暴れ(?)したことがある。
この事件に対し機動隊及びSATが出動したが、この模様を中継した臨時ニュースに
提督・艦娘(特に日向)は唖然としていた。

所属艦娘

就任した時に、挨拶に来たのだが、片言の日本語で挨拶していたため外国の方と勘違いした
操提督が英語で返したため、日系の方と勘違いする。そのあとは、いつもの通りである。
以後、提督に色仕掛けで迫ろうとし、MPにしばかれること度々である。

知らぬ間に顎にテープが貼り付けてあったため、提督がはがそうとしたがなかなか剥がれず
剥がれたときにはトローンな状態になってしまった。(彼女曰く、「提督は、テクニシャンだにゃあ…」)
妄想癖が強い人。童話「赤い靴」を読んで、「もし、提督が赤い靴をはいたら、ずっと、私と一緒に…」と提督を遠くからビビらせるほど(ソースの作品はIFであるため、普段はまじめだと思うが)
同人誌屋として提督受けの作品を発案するが、他の艦娘がドン引きした上に通報されMPの摘発を喰らった。結構な内容だった為、摘発後の処遇が気になるところだが…たぶん生きてると思う、たぶん。
妄想癖が強い人その2。世間に思われているのと異なりかなりのM気質で、他の艦娘と同席する中、提督に罵られる妄想に完全に浸ってしまっていた。その後も提督にとろけて金剛並の行動をとっているため、MPに眼を付けられている。
他には天龍田島風日向武蔵など。ドイツ艦隊まで所属していることからこの鎮守府はかなりの規模を誇ると思われる。
…一応言明しておくが、所属艦娘の全員が変態という訳ではない。
能力は、他の鎮守府に比べてかなり高く、筋骨隆々ではないかという噂もあり
他方からも、一目おいている。
(対抗するには、とある提督が持つ現代兵器、イージスシステムを搭載している船があるところか或いは超兵器を持つ所なら…と思う)

海軍陸戦警察隊

暁の水平線に”秩序”を刻め


艦これ二次創作でも屈指の練度を誇る憲兵隊。

陸警隊(MP)又は憲娘とも呼ばれる、作品の特徴とも言える部隊がこの鎮守府に配備されている。
構成員は判明している限り全て女性だが先鋭揃いで、武装艦娘相手に戦える戦闘力を持つ。
またそれに準じた武装を保有しており、陸戦部隊でありながら艦船を保有するなどかなりの規模であることが確認されている。

友邦の憲兵さん達


さらに、傭兵制度を除き一国の軍隊は自国人から成るのが普通だが、構成員には日本人の他、独艇の艦娘が所属した際についてきたドイツ人もいる。
(ついてきた理由は、ビスマルク曰くここの鎮守府には憲兵が足りないと聞いたため、マックスレーベ曰く色々と心配だからとのこと。)今のところ姿は見えないが、公式でイタリア艦も実装されたため、イタリア人もMPに加わったと思われる。

主な任務は提督及びその友人の警護、及び変態艦娘の摘発である。
これだけ聞くとでは常識的に感じるが、変態艦娘の摘発は実行動他、危険妄想にふけっている際にも行われ(妄想は見えないはずなのだが、通報がない場合でも必ず飛んでくる)、相手となる艦娘が武装していても関係なしである。
他にも提督向けに「厚生支援」なる謎の(大きな声では言えない)活動を行っているなど、その実態は釈然としないものがある。
(現にとある艦娘からの通報を聞いた周辺の艦隊が治安出動するほど・・・出動した結果は不明)
ただし、後述のようにpixiv界の二大変態艦娘の巣窟を叩けるほどの実力を持つ集団なので、
男性提督諸兄においては、余計な詮索の虫を動かさない方が賢明と言えるだろう。
主砲がもぎ取られるような事態になっても責任は取れない。

最近になってからは男性提督と交流をされているようだが、交流先の提督に対しても殺気だすほど警戒しているようだ。

最近では

その途轍もない錬度を誇るため、当然乍ら他の鎮守府の憲兵等から指導依頼が多く来ているようだ。
依頼をすると、状況を判断したうえではあるが白百合ヶ丘鎮守府に来るか、或いは教官クラスの人が指導に来てくれる。

憲兵さん指導中…



危険性も高い?

練度は確かに凄まじいが、過剰な個所もあるのが難点である。

まずは、彼女たちの練度を垣間見る一枚がこちらである。

スピードなら誰にも負けま…オゥッ!?


この憲娘さんは島風の落とし物を届けようとしただけなのだが、全力疾走する島風に生身で追いついている。40ノット≒時速70キロ以上で走る彼女に、である。おわかりいただけただろうか

また最近では、の口の悪さ(公式セリフレベル)を摘発対象に含めている事が判明するなど、提督の親衛隊化している節も見られる。
なお曙については、提督の素により言い切るに至らなかった為未遂で済んでいるが、毒舌ではこの上をゆくあたりはどうなるのか心配である。

ちなみに、上記に関しては流石に周辺艦隊・鎮守府から懸念の声が出てきた上、操提督自身も望んでいないためさすがに抑えられたのだが、もしそのままだった場合、少なくとも本営(この場合は国衛隊本部)から査察が入る可能性もあるし鎮守府内の住民が困惑することも・・・
一歩間違えると、周辺の艦隊・鎮守府からの攻撃名分にもなりうるため自制を促したい所だが・・・

憲兵さんと節分しました


あまりに信じがたい話だが、節分の際に特務憲兵が鬼役を担当したのだが、あまりにも凄過ぎて駆逐艦の子たちが泣き喚いてしまう大騒ぎになった。
こんな状況を見たら、他の鎮守府も呆れてしまうだろう。

某の戯言かもしれないが、報道機関の人間にとっては、この憲兵は厄介者であろう・・・

もし、このような事態が公になれば民衆も恐怖に陥れかねないが、あくまでも、このような行使は、原則海軍関係者のみであり、民間人などの部外の人間への行使は国際条約等に基づき、固く禁じられているので、ご安心を

特別陸戦隊(通称:特陸隊)

陸(おか)の海軍部隊

の2枚目と5枚目
もう一つ、特徴的なのが大規模な陸戦隊を保有していることである
主な任務は、鎮守府の防衛、民間人の救助・支援などである
もちろん、本来の陸戦隊に基づけば敵基地の制圧や島嶼への上陸を行うことが出来るのだが
そちらは、強襲陸戦隊を設ける事で賄っている
ただ…これは、某の私見であるのだが、張り詰めすぎている雰囲気があり
本来気づくべきところが気づいていない時もあるようだ(例えば、上陸中強風を受けているにもかかわらずスカートをはいている‥等)

他鎮守府との交流

操提督は他の鎮守府との女性提督との交流が盛んなことでも知られる。

百合花提督

とんでもない泊地であるショーツランド泊地百合花提督とはかなり交流をしており、その内容は一緒に馬に乗ったり、演習をしたり、盗難被害が多発したときには、大量の下着を送ってあげたりと多岐にわたる。
時には、MPを派遣したりすることもあれば元泊地所属の憲兵がこの鎮守府に所属することもある。そして所属艦娘の「暴走」を捜査及び摘発している。
尚、憲兵の効力が及ばないショーツランドの艦娘に対し、操提督のところのMPはそれに対抗しうるごく希な要員として認知されている。

ちなみにif史だが、MPがショーツランド艦娘の不正所持品摘発を行ったことがあった。

ニュースとかで見る光景。


この光景に関しては、百合花提督の項と同様、こちらでもノーコメントとしたい。

桜子提督

上と似たり寄ったりの鎮守府の面倒を見ている桜子提督との交流も始まった。
主な交流内容は演習や弓道。
また、桜子提督の周囲の男性提督の性差別的な発言に対し、そういった輩相手に短刀を持ちだし「何故、女が好成績を残すのは生意気なのか詳しくお聞かせ願いたい」と詰め寄る一幕もあった。

なおMPはここでも艦娘の猛攻に対し一歩も引かず、摘発の手を緩めなかった。

鳴海提督

上二つの鎮守府とは異なるが、ある意味変わった鎮守府に就任している鳴海露ことツユちゃん提督提督との交流も始まった。
この回ではMPは出てこなかったが、鎮守府の烹炊員が腕によりをかけたそうで、彼女の誕生祝に豪勢な料理を振舞っている。
その料理だが、イラストを見る限り大半はおいしそうに見えるのだが、この中には駆逐イ級の湯引きなるものも含まれていた。見た目はともかく味は保証出来そうもない。
(とある方のコメントがソースだが間宮さんでも引いてしまうほど)
ツユちゃん提督に限って言えば、かつて他の艦娘が大破する中、駆逐イ級が丸々煮込まれた料理を平気でおいしいと言って食べた方なので、心配することはないものと思われる。が、操提督がこれを食べたのか、そして食後にどうなったかは不明である。

SUMOU教導艦日向

なんの因果かは不明だが、操提督がいる鎮守府の町に突如出現し、機動隊はおろか報道関係者まで仕留めてしまう一大事を起こし、応援に向かった艦隊も大破させ、市民を混乱させた。

SUMOU・IF



現状、知る限りでは、このお三方+αと交流をしているようだが、交流を望んでいる提督は多い

余談

コメント欄にて憲娘など登場人物たちが答えることがあるせいかコメント欄には多種多様な軍関係者がいることがある。

関連タグ

艦隊これくしょん(二次創作) 艦これ漫画 女性提督

pixivに投稿された作品 pixivで「操提督」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310695

コメント