ピクシブ百科事典

新御徒町駅

しんおかちまちえき

新御徒町駅とは東京都台東区にある鉄道駅である。
目次[非表示]

「ここは御徒町ですか?」
「いいえ、新御徒町駅です」

概要

東京都台東区にある都営大江戸線つくばエクスプレスの停車駅。
駅名にと付く事からもわかるように、開業はどちらも2000年以降という非常に新しい部類に入る駅である。
名前に御徒町とついてはいるものの、御徒町駅(後述するように全くの別駅)とはだいぶ駅周辺の街の雰囲気は異なり、むしろ本郷三丁目駅のそれの方が近いとすら思えてくる。

どちらも地下駅であり、地下鉄の真下を別の会社の地下鉄が並走するという都内では割と珍しい構造をしている。地上で似たような構造なら北千住駅新木場駅が、同じ路線の上り下りが縦に並走する例なら千代田線の一部駅などがそうだが、両方地下でそれぞれ別の鉄道という例では非常に珍しい(普通は横に並走するパターンが多いため)。
このような珍しい構造のためかつくばエクスプレス側はキセル防止に大江戸線ホームを介さず客をホームに誘導するルートを作らなければならず、大江戸線の上り下りが走行する間をつくばエクスプレスの改札とホームを直結するエスカレーターが稼働しているという非常に複雑な駅構造となってしまった。

また大江戸線は走行距離が非常に長くかなりのエリアを網羅している事から地下深くを走っている事が多いが、この場所は長らく手付かずだったのもあってB2Fと比較的浅い場所にホームが位置している。さらに上述通り大江戸線は開業が比較的新しい事から乗換駅の場合既存の路線の下を走っている事が多いが、つくばエクスプレスはその大江戸線よりさらに5年遅い開業のため大江戸線のさらに地下深くを走行する。

新御徒町駅と御徒町駅(仲御徒町駅、上野御徒町駅)は地下連絡もしていない全くの別駅であるが、大江戸線の隣駅が上野御徒町駅というのもあって非常にややこしい事になっている。
そのくせ上野〜御徒町間は長い地下通路で繋がれているためますます誤解を生みやすくさせてしまっている。そのため、構内には銀座線日比谷線の乗り換えは上野御徒町駅でするよう誘導する注意書きがされている。

構内図の説明は東京都交通局のものはつくばエクスプレス方面が大いにハブられており分かりづらい。つくばエクスプレスが提供しているものの方が親切である。

駅構造

駅のホームは共に島式ホーム1面2線。

都営大江戸線(B2F)

乗り場方面備考
1飯田橋方面
2両国方面


つくばエクスプレス(B4F)

乗り場方面備考
1つくば方面
2秋葉原方面


停車駅

都営大江戸線

上野御徒町駅 - 新御徒町駅 - 蔵前駅

つくばエクスプレス

秋葉原駅 - 新御徒町駅 -浅草駅

コメント