ピクシブ百科事典

李超狼

りーちゃおらん

李超狼(リー・チャオラン/Lee Chaolan)とは、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された 3D対戦型格闘ゲーム『鉄拳』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

キャッチコピー『銀髪の悪魔
国籍-日本
格闘スタイル‐三島流喧嘩空手(『1』)、三島流喧嘩空手+マーシャルアーツ(『2』、『TGT』)、マーシャルアーツ(『4』~)
身長-178cm
体重-65kg
血液型-A型
仕事-一八の秘書および雑用(『2』)、 某ヒューマノイド・メーカーの筆頭株主(『4』~)
趣味-ハングライダー、パラグライダー、凧揚げ
好きなもの-タバコ(メンソール系)
代表的な技-トリプルファング、コンビネーションドライ、インフィニティーキックコンボ、シルバーサイクロン、ニードライブ
声優-中田譲治(鉄拳1のみ)→置鮎龍太郎(鉄拳5~) / 三木眞一郎(OVA、ドラマCD)

概要

『1』において中ボスとして登場して以降『3』を除く全シリーズに登場している
準皆勤キャラクター。
元・養父は三島平八で、三島一八は元・義兄弟となる。

元々はマーシャル・ロウのコンパチキャラクターで、ガード不能技などしか
差別化が行われなかったキャラクターであったが、『タッグトーナメント』以降
テコ入れが大きくなっていき、『6』において元となるマーシャル・ロウの
モーションがチェンジされた為に、見事コンパチキャラクターを卒業することとなった。

当初は一八のライバルキャラクターであり、悪役としての立ち位置であったが、
『4』での復活から、ネタキャラクターとして扱われるようになっていった。
まぁ、一言で言うなら残念なイケメンになってしまった。

年齢は鉄拳1では25歳、鉄拳2で27歳、鉄拳4と鉄拳5は48歳。
上記のように設定では、50代一歩手前であるにもかかわらず、
年齢とは裏腹に見た目は非常に若々しくなっている。
その為平八と違って意味で、ファンからネタにされることもしばしある。

また設定が後から変更されたある意味可哀想なキャラクターでもある
(当初、李超狼の修行を手伝った謎の老人が三島仁八であると思われたが、後から設定の
辻褄が合わなくなった為、謎の老人のままとなった)

関連イラスト

祝☆ホワイ◯デー
李超狼
李超狼 /鉄拳
三島一族+α←



関連タグ

鉄拳 ヴァイオレット(変装時の偽名) ホワイヨ(彼独特の掛け声)
三島一八 三島平八 コンボット

pixivに投稿された作品 pixivで「李超狼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87532

コメント