ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マーシャル・ロウ

まーしゃるろう

マーシャル・ロウ(Marshall Law)とは、バンダイナムコゲームス(旧ナムコ)が発売している3D対戦型格闘ゲーム『鉄拳』シリーズに登場するキャラクター。
目次 [非表示]

プロフィール

キャッチコピー『帰ってきた伝説の龍』(鉄拳)、『伝説の龍、再び』(鉄拳2)
国籍アメリカ
格闘スタイルマーシャルアーツ
身長179cm
体重69kg~80kg
血液型B型
仕事中華料理店を経営しながら、マーシャルアーツ道場の師範代もつとめる(~鉄拳3)、道場の師範代をしながら日雇い料理人(鉄拳4~)
趣味釣り
好きなものお金
代表的な技ドラゴンストーム、エンシェントドラゴン、ダブルサマーソルトキック、チャージドラゴンキャノン、ドラゴンダイブ
声優原田勝弘(鉄拳~鉄拳5)→デイビッド・ヴィンセント(鉄拳6~)
Robert Clotwothy(鉄拳4・5〈ムービーシーン〉)→ロジャー・クレイグ・スミス(鉄拳6〈ムービーシーン〉)
藤原啓治(ドラマCD)
下山吉光(実写映画・日本語吹替)
藤井啓輔(ストリートファイター X 鉄拳・日本語版))

概要

『鉄拳』から初登場したキャラクター。『鉄拳3』、『鉄拳タッグトーナメント』以外のシリーズ作品でプレイヤーキャラとして登場(NPCだった鉄拳3でもPS1移植版のムービーには登場している)。

本人が欠場していた『鉄拳3』と『鉄拳TT』では息子のフォレストが登場したが、当時鉄拳3に登場していた他の後継キャラのように一部技が共通した別人ではなくキャラは違えど完全にマーシャルの引き継ぎキャラであり技も殆ど同じだった。

修行仲間にポールがいる。最近ではスティーブともコンビを組んでいる。


キャラクター

「4」くらいまでは涙あり、笑いあり、熱い友情ありの王道なストーリーだったが、他のキャラクター達が三島財閥とG社の戦争による世界情勢から重く暗い話になっていく中で、修行仲間のポールと共にコミカル路線を突っ走ることとなる(補足していくと、初期でもEDはコミカル寄りではあった)。

初代では優勝賞金で自らの道場を建てるべく大会に参加し、PS1版の個別エンディングでは無事に道場を設けて多くの門下生に指導している場面で締められる。しかし吉光のEDにて、実は大会で優勝できず、スラム街で途方に暮れていた所に彼率いる義賊『卍党』が大会のどさくさに紛れて三島財閥から盗み出した大金をばら撒いており、その金を元手に道場を建てていた事が判明。

以後は夢だった中華料理店と道場を同時経営していたが、『鉄拳4』にてライバル店との価格競争に負けて倒産。

更に息子であるフォレストがポールのバイクを勝手に乗り回して起こした事故の慰謝料などが降りかかり絶望へと堕ちるが、ここから再起するために現シリーズで奮闘している。


これらのことからわかる通り、彼が参加する理由は初代から一貫して『金』であり、求道者且つ孤高の存在だった後述の元ネタとはかけ離れた俗っぽい人間である。

また、「5」辺りからは金の無さから精神までイカれ始めたのか、各EDで

  • ポールが金に困り(フォレストはポールのバイクで事故ってるので、勿論ポールも責任を問われる)バイクを鉄くずに変え、必死に修理代を請求してきた所をドラゴンアッパーカットで粉砕し逃げる
  • チームを組んで優勝したにもかかわらず、メンバーのスティーブとポールのピザに大量の下剤を入れ、腹痛に悶えてる間に金を全て持ち逃げ
  • トーナメントで当たった(勿論チームの)ポールを裏切り初手で顔面に飛び蹴りをかます(神様は欺けなかったが)

等、コミカルではあるものの後の彼の人間関係に大いにヒビが入るような、外道な行いを見せている。


元ネタ

元ネタは容姿からモーション至るまで、云わずと知れたアクション俳優ブルース・リー

初期プロットの名前が『ロウ・ザ・ドラゴン』であったり服装も初代のAC版では本家ブルース・リーを意識したものであった。

掛け声も元ネタに倣っているが、鉄拳5までの声優は鉄拳シリーズのプロデューサーである原田勝弘氏(ムービーパート以外)であり、特に鉄拳2までは異様に甲高い叫び声がプレイヤーの印象に残りやすかった。「ホリヤァァァァァァァ!!!」という奇声は往年の格ゲーマーなら一度はゲーセンで聞いたことがあるのではないだろうか。

なお、鉄拳3(ムービー中)から鉄拳5まで口髭を蓄えていたが現在は初期の頃と同じく剃っている。


対戦での性能*

ぶっちぎりの接近戦特化キャラであり、ひとたび近づけば高速の削りとカウンター、フレームの重さで反撃のスキを与えない。


近づいた時にはドラゴンハンマー(6WP)やRKLKからのドラゴンチャージなどで有利フレームを奪いやすく、中距離からのステップインにも4LPRP~ドラゴンチャージなど、自分のターンを強引に持っていくことに長ける。浮かせ技も3RPや立ち途中RP、各種サマーソルト等使いやすい技が揃っている。

確反には早いものだとLPLPRPやRKLK、もう少し遅ければLKRK、下段なら1LKや2LKRK等使いやすい技が揃う。


いずれも使いやすく癖のない技ばかりだが、全てリーチが短いことが難点。


また、ダウンを奪える下段はドラゴンテイル(1RK)かスライディング(しゃがみ中のコマンド)しかないということもあり、削りには使えるがダウンからのコンボなどのプレッシャーは与えられない。


攻撃のために使う6WPは発生が遅く、なによりドラゴンチャージ(特定技中に646)がタイミング的に非常にシビアで、これができるできないでコンボ火力や立ち回りのプレッシャーが半分くらい変わってくる。


逆を返せば10~20の技の立ち回りを研究しなければいけない鉄拳というゲームにおいて、難しいコマンド入力はこれ一つで済むということでもある。


元ネタの至言通り「Don't think Feel(考えるな、感じろ)」を元に、きっちり守って、爆発的な攻めで相手を蹂躙したい人にオススメなキャラである。


関連タグ

鉄拳 マーシャルアーツ

截拳道(ジークンドー):大人の都合なのか、表記はされていないが、実際の格闘スタイルはこちらである。


人間関係

ポール・フェニックス:修行仲間

フォレスト・ロウ:息子。

吉光:『1』にて彼のばら撒いた大量の金を集めて中華料理店兼道場を開店させた。

王椋雷:『1』において三島家を滅ぼす人材に足りえるか実力を試す相手として対戦した。

ペク・トー・サン:『2』にて彼の道場を襲撃した因縁の相手。

スティーブ・フォックス:最近ポールと一緒にコンビを結成した。

関連記事

親記事

鉄拳 てっけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202256

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました