ピクシブ百科事典

森島寛晃

もりしまひろあき

森島寛晃は日本の元サッカー選手。

1972年4月30日生まれ、広島県広島市南区出身。
愛称「モリシ」

広島県の大河FCから、静岡県東海大学第一高校(現:東海大学付属翔洋高校)へ進学し、1991年に、当時JSL2部のヤンマーディーゼルサッカー部に入団。
入団当初からプロ契約し、高卒1年目から出場機会を得て、2年目以降は完全に主力へ定着。
1994年には、Jリーグ入りを目指してセレッソ大阪へと改称したチームを引っ張り、プロ化1年目での昇格を達成。
1995年、チームの中心として50試合に出場、11ゴールを挙げ、Jリーグベストイレブンに選出。
同年、加茂周監督により日本代表に初招集、レギュラーに定着。岡田武史への監督交代後は主にスーパーサブ的な起用をされ、1998年のワールドカップフランス大会日本代表にも選出、1試合に出場。
2000年には主将としてC大阪の快進撃を支えるが初タイトルは逃す。しかし1stステージMVPと2度目のベストイレブン選出。更に、フィリップ・トルシエの監督就任後遠ざかっていた日本代表にも再び選出され、C大阪のチームメイトである西澤明訓と共に日本の攻撃陣を牽引し、2000年のハッサン2世国王杯、アジアカップ、2001年のFIFAコンフェデレーションズカップなどで日本の上位進出に貢献。
2001年、C大阪がJ2に降格。しかし森島は他チームのオファーをけって残留、1年でJ1復帰。
2002年、日韓ワールドカップには、西澤と共にJ2クラブからの代表選出を果たし、グループリーグ第3節・対チュニジア戦で、日本の決勝トーナメント進出を決める決勝点を「自国開催のワールドカップで、自分のホームスタジアム(C大阪の本拠地・長居スタジアム)で得点を挙げる」。
2003年以降は代表からは遠ざかるも、クラブでは引き続き主力として活躍。
2006年、2度目のJ2降格で大量の主力選手が抜けるも残留。しかし、この頃に原因不明の首の痛みを発症、2007年は出場5試合、無得点に終わる。
2008年、首痛は完治せず、試合出場は叶わなかった。10月30日、現役引退を発表。
12月6日、J2最終戦 第45節 vs愛媛FC戦ロスタイムに、香川真司に代わり現役最後の公式戦出場を果たした。

森島はヤンマー/セレッソ大阪一筋の現役生活で、長年背負った背番号8はセレッソを象徴する背番号となり、後に香川真司、清武弘嗣柿谷曜一朗といったセレッソの中心選手に引き継がれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「森島寛晃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99

コメント