ピクシブ百科事典

正親町三条実愛

おおぎまちさんじょうさねなる

正親町三条実愛とは幕末から明治時代の公卿、政治家。
目次[非表示]

概要

大臣家正親町三条家の28代当主、明治になってから嵯峨に改姓。

プロフィール

時代江戸時代末期ー明治時代
生誕文政3年10月30日(1820年12月5日
死没明治42年(1909年)10月20日
改名正親町三条実愛→嵯峨実愛
官位従一位、権大納言
主君仁孝天皇孝明天皇明治天皇
氏族正親町三条家→嵯峨家
父母父:正親町三条実義、母:松姫(松平光年の娘)、養父:正親町三条公厚
兄弟公厚、実愛


経歴

文政5年(1822年)に叙爵。以降累進して、侍従右近衛権少将・右近衛権中将・新清和院別当・奉幣使次官などに就任。嘉永元年(1848年)に従三位・参議となって公卿に列する。丹波権守・権中納言・踏歌節会外弁・右衛門督などを歴任した。安政2年(1855年)の孝明天皇遷幸の際、馬副6名・舎人2名・副舎人1名・雑色6名・居飼1名・傘1名を随えて供奉している。

安政5年(1858年)、江戸幕府が朝廷に対して通商条約締結の勅許を求めた際、廷臣八十八卿の一人として反対論を展開した。これによって井伊直弼による安政の大獄に関与する。安政6年(1859年)、権大納言。万延元年(1860年)に議奏、文久2年(1862年)に国事御用掛に就任。しかし、薩摩藩の主導する公武合体運動を支持して「航海遠略策」に賛同したため、尊皇攘夷派の志士から敵視された結果、翌文久3年(1863年)に失脚する。

同年の八月十八日の政変で朝廷に復帰した後は、薩摩藩に接触して討幕派公卿の一人として朝廷をリードした。明治元年(1868年)に新政府の議定、同2年(1869年)には刑部卿に就任。その後も内国事務総督、教部卿等などを歴任した。明治3年(1871年)12月、家名を嵯峨に改姓。明治13年(1880年)、勲一等旭日大綬章。明治16年(1883年)には、滋宮韶子内親王・明宮嘉仁親王の御用掛を拝命した。明治21年(1888年)、従一位。明治42年(1909年)、90歳で薨去。

関連タグ

朝廷 公卿 正親町三条家 嵯峨家

コメント