ピクシブ百科事典

歪のアマルガム

いびつのあまるがむ

2016年45号から2017年12号まで連載された石山諒先生による作品。
目次[非表示]

アマルガムとは歯科治療などに使われる合金のこと。

概要

三ツ首コンドル石山諒最新作。
全3巻。
2巻と3巻には元となった読み切り『凶星の紫』(2巻)、『妖移植変異体ガロ』(3巻)が収録されている。
また、3巻には本誌に掲載された全18話の他に、描き下ろしの最終回第19話が収録されている。

あらすじ

高校生の久佐場六道は幼馴染とデートの約束をした帰り、鉄道の事故に遭う。
死んだはずの六道は『賽』と呼ばれる組織に実験体として生かされていた。
非情な実験開始により六道は「がしゃ髑髏」へと変貌する。
だが幼馴染とのデートの約束を思い出し、万の痛みを受けながらも精神を保ち、事故で失った下半身左手の部分をで補い、生き残る。

彼は果たして、日常に戻れるのか…?

登場人物

お人好し


主人公。幼馴染の火野彌生にをしている。
「がしゃ髑髏」の妖細胞を植え付けられる。妖力のスペックは骨の無限創生。
灰色と紫色の間のような髪。

鯉口


六道のクラスに転校生としてやってくる。
零課に所属している。日本刀などを扱う。
後ろで長い三つ編みをしている。

差し入れ


零課の課長。
『賽』の研究員のセリフから相当の強者であると思われる。
左目に傷がある。兄がいる。

賽詰め合わせ


凶気の女科学者。かなりの人体実験をしている。
人の臓器などを食していた。
金髪。

HATER


『賽』の実働部隊長を務めるサイボーグ少女

Smoke


『賽』の実働部隊副長を務める男性

被害者ちゃん


がしゃ髑髏の妖細胞を植え付けられた実験失敗作の女性。

用語説明


妖細胞

ある出土されたミイラから採取された細胞。
移植することでその対象が妖のスペックを手に入れられる。

旧日本軍の研究機関。
終戦に紛れ、ミイラを持って失踪。実験を続けた。
実働部隊もある。

零課

『賽』を捕まえるためだけに存在している課。
違法捜査を見逃されている。

外部リンク

『歪のアマルガム』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「歪のアマルガム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26085

コメント