ピクシブ百科事典

水原親憲

すいばらちかのり

水原親憲とは、戦国時代から江戸時代前期の武将・大名。

概要

天文15年(1546年)~元和2年5月13日(1616年6月26日)。
上杉謙信上杉景勝の二代に渡り上杉家に仕えた重臣。別名は「弥七」、「常陸介」とも。

1561年、四度目の川中島の戦いで武功を挙げ、謙信に高く賞賛されたという。
謙信没後の後継をめぐる御館の乱では景勝を支持した。

武勇に長けた人物で、戦へ赴く際も仲間と世話話をして大笑いをしながら戦場へ向かうなど、臆する様子はなかったという。戦場では、自軍の優勢時は無言に徹し、劣勢の際には大声量で味方を鼓舞し士気を高め、謙信からは剛の者と讃えられた。大阪冬の陣では、その活躍から徳川秀忠から感状を賜るが、後に「これまでいつ死ぬかもわからない戦で感状をもらうことがなかったのに、こんな花見同然の合戦で感状をもらえるとはおかしなことだ」と大笑いして語ったという。

ちなみに、その外見については「鴨居を遮るほど大柄で、馬のような面構えで、顔は黒大豆を撒いたようにホクロだらけ」というかなりインパクトの強い容貌であったとか。同家に仕える直江兼続の「愛」の前立ての変わり兜が有名だが、親憲も「風の神、雷の神、火の神」と書かれたうちわをあしらった兜をつけていた。また、武人である一方で乱舞や連歌、茶の湯にも精通した風流人でもあり、人の噂の話題に上がることが多かったという。

戦時・平時問わず上杉のムードメーカーでもあったらしく、酒宴の際にはその顔に白粉と紅を塗って頭巾をかぶった出で立ちで舞を披露し、あの無口無表情で有名な景勝があやうく吹き出しかけたという。

関連タグ

戦国時代 武将
上杉謙信 上杉景勝 傾奇者

pixivに投稿された作品 pixivで「水原親憲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5297

コメント