ピクシブ百科事典

深海吹雪

しんかいふぶきせいき

アニメ及び劇場版の最大のネタバレ注意!!
目次[非表示]

初めに

本キャラクターは「公式メディアに登場した、初の元・艦娘と断言できる深海棲艦」であるが、この記事を閲覧する上で「劇場版は公式作品ではあるが公式設定ではない」という点を注意すること。
あくまで解釈の一つであり、本キャラクターは深海如月ともども「劇場版及びアニメオリジナルの深海棲艦」として捉えていただけると幸いである。

ことの発端は…

駆逐艦娘吹雪は、ゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』においてプレイヤーたる提督が最初に選んで秘書艦とする初期艦5人のうちの1人である。

サービス開始前から彼女を主人公とするような構図ができていたこともあり、公式4コマ『吹雪、がんばります!』をはじめとする多数の公式メディアで主人公として据えられることが多い。

アニメ版もその例外ではなく、「吹雪が新しく着任した鎮守府で起こる様々な出来事を、時にはコミカルに、時にはシリアスに描く」という内容のもと、放映開始されたのだが…
いざ蓋を開けてみると、

  • 実戦経験0で着任しているにも関わらず、抜群の戦闘センスで旗艦として活躍する
  • 以前の鎮守府での出来事について明確に覚えている描写がない
  • なぜ突然転属してきたのか、着任理由が不明瞭
  • 後にかなりぶっ飛んだ着任理由が明かされるが、それについて何も疑問を抱かずに提督を盲信している

など、主人公であるにもかかわらず説明不足な設定がかなり多いという不自然な点が目立っていた。

実際そういう設定の主人公はアニメにおける吹雪に限った話ではないのだが吹雪の場合、回収していない伏線やストーリー上の矛盾点等がそれを目立たせている。
そしてそんな吹雪の様子を見た視聴者の中に、こんな説を唱える者が出始めた。

――「コイツ、着任前に轟沈してて、鎮守府を内側から潰すためにわざと配属されてきた深海棲艦化した艦娘じゃないのか」と。

アニメ最終回予想。



しかし、当然ながら実際には吹雪は深海棲艦ではなく、ごく普通の艦娘であった(少なくともこの時点では…)。それでもアニメ1期最終話で駆逐艦一人で不利な戦況をひっくり返し、物語を終結へと導くという、「主人公だから」などといったメタい理由以外で片付けるには不自然すぎる描写を残し、アニメ1期は終結した。






そしてそんな違和感を残しつつ、
約1年半の時が経過し、劇場版へ…































劇場版で明かされた真実


※ここから先は劇場版の重大なネタバレとなっております。


















劇場版ではアイアンボトム・サウンドが血のように赤く変色しつつあった。この変色はポイントレコリス沖と呼ばれる一点を中心として広がり、この状態の海では深海棲艦を除く生物は全て死滅し、艦娘であっても徐々に艤装が損傷していき、最悪艤装が使えなくなる恐れもある。時間の経過に応じて海域はかなりの速度で拡大していき、残り約3日で今回の拠点であるショートランド泊地にまで広がることが予測されており、一刻も早くこの海域の拡大を阻止することが作戦目標となっていた。

そしてこの海域の中心からは「カエリタイ・・・カエシテ・・・」という謎の声が観測されており、多くの艦がこの声を聞いていた。
吹雪や睦月も冒頭で泊地に着く前この声を聴くことになるのだが、その際吹雪は、


  「うううん…大丈夫…」


と、なだめるように声をかけていた。

しかし、当の吹雪本人は全くこのことに覚えがないらしく、後日赤城に尋ねられた際は戸惑っていた。また、夕張によると吹雪の艤装には変色海域での損傷がなく、上記の声が観測されたのも吹雪が泊地に到着した日付と同一であることから、長門達から何かしらの因果関係があるのではと考えられ始め…













※以下、詳細などのネタバレ注意












劇場版では「艦娘は撃沈されると深海棲艦となり、深海棲艦が撃沈されると艦娘になる場合がある」(作中では「D事案」、おそらくドロップの頭文字から、そう呼ばれている)ことが明かされた。つまりは敵と味方をループしてるのである。そのため、艦娘たちは「誰1人沈むことなく深海棲艦を殲滅・撃沈して、この悲しく辛いループから彼女ら(深海棲艦化した艦娘たち)を解放する」という目標を達成する必要がある。
この説明を吹雪たちにした加賀自身も、一度轟沈し深海棲艦になったが、再び撃沈されて艦娘に戻った過去があったと判明(深海棲艦が撃沈されて艦娘になるときは稀にだがその記憶を引き継ぐ場合があり、加賀は記憶を引き継いでいた)。時を同じくして、吹雪は「今の鎮守府に着任する前の記憶はあるか」と聞かれ沈黙してしまったことから、過去に轟沈し深海棲艦化していた頃の記憶を失っていたことが示唆されている。
なお、作中で瑞鶴もかつて同様に轟沈したと思われる描写が存在し、終盤では長いツインテールのシルエットが轟沈する回想シーンが一瞬映し出された。

物語の終盤、アイアンボトム・サウンドに突入するが、変色海域の中心では大きな穴が開いており、そこから黒い光の柱が空まで続いていた。
大和や睦月、そして深海棲艦化しながらも意識を保っていた如月(その発言からどうやら深海棲艦化したことで声の主が吹雪を呼んでいることに気づいていた様子)の力を借り、吹雪はそこにたどり着く。


「カエリタイ……カエリタイ……
     カエシテ……カエシテ……

            

             ……オイデ…」


そして、その内部には…

  
  









※以下、吹雪に関してのネタバレ注意

















「ナンドモクリカエサレルタタカイ…
トキヲコエ…ウミヲコエ…オモイヲコエ…
ナンドモクリカエサレ…ソノタビニツノッテイクムネン…」

二人の吹雪


結論から見るとだいたいあってた
…ように見えてその斜め上を行くものであった(分かりやすく言うと半分正解で半分間違い)。

かつて吹雪はアイアンボトム・サウンドで轟沈してしまったが、そこで自身の強い思いと積もっていた無念や思いが吹雪を助けた為、海の上に戻ることができた。このことが原因で吹雪は特別な存在(繰り返される戦いの中で定めの軛から自由)となり、他の艦娘の運命をも変える力を手に入れた(アニメ最終話で赤城達一航戦が史実からそれることができた要因が恐らくこれ)。

「ソレガワタシヲシズメタ…
コウシテ…ワタシトアナタハウマレタノ…」

しかし、その時に二つに分離してしまい、海の上に戻れたのは片方だけで悲しい記憶を背負ったもう片方は底に沈むこととなった。水底に沈んだ彼女に残されたものは水上にある物への憎しみや妬みのみ、そして自身たちは定めの軛に従い消えていく存在であるという考えにとらわれ、吹雪の持つ運命を変える力を許すことができず、長い年月をかけ今の姿となった。













※以下、結末











「キエテシマエオマエモ!ソノタメニオマエハカエッテキタノダロウ!!
ナンドデモナンドデモココヘモドッテキテシズメ!ヒカリナドナイ!ノゾミナドナイ!
コノミナゾコデ!ソウシテ、ダレカラモワスレサラレテ、キエテイケ………!!」


始めは吹雪に精神的な揺さぶりをかけた上で束縛、深海棲艦化させて自らの一部にしようとするが、吹雪が「自身は皆が作りだした希望」であることに気がつき束縛を解くと、近づいてくる吹雪に怯えてしまう。
その際に吹雪の足が折れたことでそれにシンクロするように自身の足も折れ、動けなくなる。
吹雪に抱かれ、海の上に共に戻ること、自身のことも決して忘れないこと、無念の分だけ希望があることを教えられ、光となって消えた。

その直後アイアンボトム・サウンド全体はまばゆい光に包まれ、変色海域は海域の深海棲艦(如月含む)が消滅するとともに収まり、一連の出来事は終わりを告げた。

まるで彼女が、或いはアイアンボトム・サウンドそのものが見ていた悪い夢から解放されるように…。

彼女が最終的にどうなったかは詳しく書かれていなかったが、後日談での展開をみるからに元の一つの吹雪に戻ったと考えられている。

容姿

外見は全身が真っ白で中間棲姫等に似たドレスをまとっている。眼は姫クラス特有の深紅、頭からは角を2本生やし、首には千切れた鎖がつけられ、左腕は魚のヒレの様なものがついたおぞましいものに変形している。この左腕は触手(或いはアイアンボトム・サウンド内の負の力)を操る力を持っており、この力で吹雪を捕らえた。
また、同年に公開・大ヒットした特撮映画某虚構さんのように第1形態・第2形態・第3形態とも言えるものがある。
第1形態は第六駆逐隊のメンバーとほとんど変わらない身長で、第2形態は吹雪と同一の身長、第3形態は赤城加賀とほとんど変わらない身長と胸部装甲である。これに合わせて声の質もそれぞれ合わせられている。更に第3形態はたこ焼き艦載機(浮遊要塞ととらえることも)が二体出てくる。この艦載機は吹雪を徐々に深海棲艦化させつつ取り込む力を持っていた。
またこれまでブラウザ版で登場した姫・鬼クラスの台詞の一部を呟いており、彼女が海の底で様々な負の思いを吸収しているのがわかる。
因みにアニメでの飛行場姫や劇場版での戦艦棲姫の眼が血が止まったように生気を感じさせない色なのに対し、彼女のは若干明るめな色(例えると本気になった夕立の眼と同じ色)となっている。実はこれは回想シーンで深海棲艦化していた加賀や(若干異なるが)深海如月も同様である。

「ニクラシヤ…」
「ガンバラナクテイイ…マエニナンカススマナクテイイ…」

吹雪棲姫
劇場版艦これ 深海吹雪



考察

  • 艦これアニメ1期で不鮮明なまま終わらされていた「如月はなぜ沈まなければならなかったのか」という疑問に対しても、劇場版において一つのアンサーがあった(→深海如月)。無論、反響による後付けである可能性も否定できないが、吹雪の「憧れの先輩」が扶桑姉妹から赤城に変更された(実際は元々赤城が初期設定の憧れであったため元に戻されたと見るほうが正しい)事と、後述の彼岸花の件やOPの歌詞のことを考えると、その線は非常に薄い。
  • 彼女が変色海域の元凶となった理由は、海戦中に日本の艦で一番初めにアイアンボトム・サウンドに沈んたのが吹雪だったからだと思われる(因みに海戦以外を含むと加古が一番初め)。
  • 彼女の左腕はまるで某ゲームに出てくる有機生物兵器のような異形と化しているが、これは史実のサボ島沖海戦で左側から攻撃を受けたからだと予想されている。
  • 劇中のクライマックスで吹雪と彼女の周りに彼岸花が咲いたシーンがあるが、彼岸花(リコリス)は駆逐艦「吹雪」進水日除籍日である11月15日誕生花でもある。草花としては珍しく「花」と「葉」が同居しない種であり、ここから「艦娘と深海棲艦」に完全分裂した関連性が垣間見える。花言葉は「情熱」「転生」「再会」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」等があり、その中でも「再会」というフレーズは主題歌「帰還」のアレンジ曲の1つ(劇場版のサウンドトラックである「艦響 Vol.2」に収録)の題名にも冠されている他、「あきらめ」「悲しい思い出」と、彼女自身を示している言葉もある。無論、変色海域の中心となったポイントレコリスも彼岸花の名が由来。因みにリコリスについてだがこれはギリシャ神話の女神・海の精であるネレイドの一人 Lycorias からとられている。
  • 第3形態になると吹雪を捕らえるために出てくるたこ焼き艦載機(浮遊要塞)だが、実際は艦載機とも浮遊要塞とも異なった姿をしている(中心にコアのような物体があるなど)。一部では冒頭で彼女が水底に沈んだ際に発射管からこぼれた二本の魚雷がそれらの正体ではないかとも言われている。




また、劇場版を見た後でアニメを見返してみると以下の要素が出てくる。



  • 彼女の姿はアニメ10話における吹雪のウェディングドレス姿と照らし合わせると所々似ている部分があり、「それに合わせてデザインしたのでは?」という声もある。そういえば上記の異形となった左腕だが、史実以外に意味があるとみるとあることが思い当たるのだが…
  • 11月15日の誕生花は他に扶桑花(ハイビスカス)があり、これが上記の吹雪の憧れの対象が変更された(というより史実的繋がりのある方を優先させられた)原因と考えられる。…約1年後、扶桑型姉妹の闇もまた彼岸花を携えて現れるというまさかの展開が起きたりもしたが(因みにこちらの彼岸花の色は現時点で存在しない青色)。
  • アニメシリーズで吹雪以外の吹雪型が本格参戦しなかった理由は声優の負担などの問題もあるが、メタ的な部分だけ見ると深海吹雪が「駆逐艦・吹雪が史実で活躍できずに沈んでいった」のを無念に思っていた事に説得力を持たせるためと思われる。何せ、味方とぶつかって活躍どころか戦争が始まる前に沈んだ妹が登場すると、途端に「贅沢言ってすみませんでしたーっ!」な話になるので……ただし戦争が始まる前に沈んだのと戦争で沈んだのとでは無念の方向性が全く違うことを忘れないでおくこと。ましてや吹雪の史実での最後は無駄死に同然だったので下手すると姉妹艦で一番闇を抱えている可能性もある。
  • アニメにて5話や6話などの食事をしているシーンでは吹雪は右利きだが、11話では吹雪がコップを左手に持っているため左利きになっている。アニメのみで考えると単なる設定ミスにしか見えないのだが、10話で吹雪が改装を受け、本来の深海吹雪と一つだった時に近づいたと考えると彼女の存在を臭わせる伏線だった可能性もある。ただ注意して見てないとわからない上にあまり話題にならなかったので非常に気づきにくい。そもそも、アニメ自体に加賀の腕や、蒼龍の指といった作画ミスが多かったため、ミスの一つであったと視聴者からはみなされていた可能性もある。劇場版冒頭では右利きに戻っているが、後日談でドアを開ける際再び左利きになっている為結局はっきりしていない。
  • なぜ提督が吹雪を優遇していたのかについても提督が吹雪の特異性に気づいていて、「吹雪の特異性を隠すための苦しい嘘だった」と見れば辻褄が通ることが解釈できる。その他「かつて提督は本当に吹雪とケッコンしていたが、吹雪の轟沈によって別離してしまった」という意見もある(「(アニメ第一話で)今の鎮守府に配属されたときに提督と初めて出会った」という吹雪に、加賀が「本当に?」と疑問を抱く場面がある)。
  • アニメのOPである「海色」だが実はこの時点で歌詞の中に彼女たちを示す言葉が含まれている。例えば、1番の「憧れ」「抜錨」「未来」、「絶望」「喪失」「別離」。2番の「煌き」 「青空」 「希望」、「敗北」「水底」「眠り」。それそれ前半が吹雪、後半が彼女を示している。その他にも劇場版を顧みた上で全体の歌詞を見返すと「あなた=深海吹雪を救済しようとする私=吹雪」という構図が浮かび上がってくる。

『煌き』『青空』『希望』
『絶望』『喪失』『別離』


  • 「海色」「吹雪」と同様に劇場版のEDである「帰還」も彼女と吹雪を示す内容になっている。因みにこちらは二人以外にも睦月と如月の関係も示しているという意見もあり、劇場版は「アイアンボトム・サウンドでの戦い」「睦月と如月」「二人の吹雪」という3つのテーマを示す感情深い歌詞となっている。
  • なお、「帰還」のジャケットには夕陽を眺める吹雪が描かれているが、その影をよく見ると・・・

残された謎

劇中ではアニメで説明されなかった点がいろいろ明かされたが、尺の都合で詳しく描き切れなかった部分もあってかいくつか謎が残った。

・吹雪が沈んだ時期や原因など
一番の謎は分離前に吹雪が一度アイアンボトム・サウンドの底に沈んだ詳しい時期や原因等、時期的に如月よりも先に沈んでいることから史実以外で沈んだのか史実が早まったのか、或いは(加賀が一度沈んでいることから)史実が何度もループしているのかが不明となっている。しかしそれらは結局彼女の台詞からも出されることはなかった。悲しい記憶をすべて失った吹雪に対し、彼女はそれらをすべて覚えている為、追及しても良さそうなのだが…(もちろんつらい記憶なので話したくなかった可能性も否定できない)。
また、仮に吹雪が史実と同じ経緯で沈んだとしたら実の妹も近くに沈んでいるはずなのだが、たとえ妹であっても水底で起こす気はなかったのだろうか。

・アイアンボトム・サウンドが後日どうなったの
海域の深海棲艦は最後に消滅したが彼女がいた水底まで完全に消えたかは不明のため、未だに深海棲艦が発生するのか一切出なくなったのかもわかっていない。しかし水底の負の感情は彼女と同調して発生していたため、彼女がすべて吹雪の中にもっていった可能性も十分あり得る。その場合、後述するが彼女の今後の行動次第では…。

・本来の吹雪
アニメ一期では以前の鎮守府である理由から出撃させてもらえなかった吹雪。しかし劇場版では以前の鎮守府の詳しい詳細は覚えていなかった。出撃させてもらえなかった点だけは何故か覚えていたが問題なのはその理由、無念や思いが助けたことと二つに分かれるという点は実際結びつきが薄い(本来なら別れずに浮上するはずである)。そもそも二つに分かれるということ自体が前代未聞である。その為元々吹雪は何らかの秘密があり、それが原因で出撃を禁じられていた可能性もある。更に言えばアニメでは吹雪が唯一の特型駆逐艦と長門からも語られている等、彼女に関してもまだまだ疑問となる部分が多い。果たして本当の彼女とは何なのか。


その他劇中で轟沈していたことが明らかになった加賀や示唆されている瑞鶴の詳しい経緯等、アニメ一期のいろいろと説明不足だった部分が結果として今作で伏線となったようにアニメ二期、或いはブラウザ版で回収されるのかもしれない。
何せこのアイアンボトム・サウンドにはまだまだ恐ろしいものが眠っている可能性もあるので…。

そして2018年の冬イベントではそのうちの一つが回収された…。

二次創作では

様々な経緯があって二つに分かれた主人公の片割れという存在であるためか、例にもれず色々なストーリーが描かれている。劇場版の後日談のような話では吹雪の人格の一つとして出て来たり度々吹雪から分離したりなどのほのぼのとしたものや戦闘でのシリアスなもの、アイアンボトム・サウンドで眠っていた時の心境等。しかし大半は基本的に(深海棲艦としては)吹雪以外の艦娘や同じ劇場版出身の深海如月とのかかわりは少ない。存在が吹雪にしか認知されてないからだろうか。因みに後述する胸部装甲の影響でどこぞの軽空母が深海落ちしたがったりと本人が出なくてもちょくちょく話題に上げられたりする。また、彼女の存在が明らかになってから吹雪に彼岸花の要素のあるイラストが結構増えた。

余談

  • 登場したのは90分に及ぶ上映時間の中でおよそ10分程度なのだが、形態変化のおかげか、その間1キャラクターで少なくとも二つの需要を満たしている。
  • 劇場版来場特典6週目の吹雪メモリアルコースターには、吹雪改二と共にいる深海吹雪(第2形態)の姿をしばふ氏が描き下ろしている。因みにここに書かれた書き下ろしでは左腕が変形していない等の若干の違いがある。
  • 第2形態の時点で吹雪当人よりも明らかに胸部装甲がデカい。この事は下記イラストのように、たびたびネタにされている。
※ネタバレ注意!劇場版その後の吹雪ちゃん
【劇場版ネタバレ注意】リヨ吹雪


 「お前は『私』なんだからさっさとその胸部装甲(おっぱい)をよこせ」

  • しかし、当の吹雪自身も劇中で結構スタイルがいいことが明かされており、更には作戦が終了した後日談では…。
  • 艤装を損傷させる変色海域を発生させている等、実力は吹雪本人よりはるかに上であると思われるが結果として劇中では本格的に戦うことはなかった。その為、劇場版のラスボスということもあってか「ブラウザ本編で本格的な決着をつけたい」という声も多い。上記にもある通り「劇場版は公式作品ではあるが公式設定ではない」という点が記されているのは事実だが、しばふ氏も彼女の書き下ろしを出しているため逆輸入される可能性は十分ある。そして彼女が期間限定イベントにボスとして出るとすると海域はやはりアイアンボトム・サウンドになると思われるが果たして……(因みにアイアンボトム・サウンドは過去に2度イベント海域として出ている)。なお、「登場したら吹雪特効になるに違いない」と提督達の間ではまだ登場してもいないのに吹雪に殴り倒される未来が確定扱いになっていたりする…。
  • C92のKADOKAWAブースで販売される艦これグッズ内のBlu-ray&DVD発売記念Tシャツ(こちらもしばふ氏の書き下ろし)にて正式名称が明らかになったが、商品の名前が深海吹雪棲姫と書かれているがTシャツにはLycorisFubuki(リコリス吹雪)と書かれているため、現在でも人によって呼び方が分かれている。またイラストには深海吹雪で定着しているためかpixiv内では完全にはっきりするまでしばらく深海吹雪のタグが使われると思われる。…というか、結局劇場版の円盤でも正式名称が一切使われなかった(つまり深海吹雪棲姫/リコリス吹雪の名称は上記のTシャツでしか使われていない)ことや深海吹雪棲姫を略すと深海吹雪になってしまうこともあってか、完全に深海吹雪でタグが定着している。
  • 劇場版の円盤パッケージでも同様のイラストが使われているがこちらではTシャツに入りきらなかった下半身も映っている。のだがメモリアルコースターの時とは異なり、黒タイツのようになっている。吹雪なのにパンツではないとはこれいかに…。
  • 誰が言ったか、ファンの一部からは「わるぶっきー」のあだ名で呼ばれることも。確かに悪堕ちしたともみれなくはないが。因みに服のカラーリングだけ見ればむしろ彼女の方が光で吹雪が闇といわれたりもする。
  • CVは現在も明かされていないが恐らく吹雪と同じ上坂すみれ氏、もしそうなら正反対の二人の吹雪を演じた時どのような心情だったのだろうか?

関連イラスト

アイアンボトムサウンドぉー
どっちも私


驚きの白さ
私ヲ、置イテイカナイデ



関連タグ

艦隊これくしょん 艦隊これくしょん(アニメ) 艦隊これくしょん(劇場版)
轟沈 深海棲艦化
吹雪(艦隊これくしょん) 吹雪改二

リコリス棲姫 海峡夜棲姫:彼岸花つながり(海峡夜棲姫は青色)。
護衛棲姫 護衛独還姫:しばふ深海棲艦つながり。護衛棲姫は時期とシルエットの類似の関係で当時は彼女と間違われたことも。
深海鶴棲姫:ブラウザ版艦これ一期における事実上のラスボス。ブラウザ版なので断言されていないが恐らく瑞鶴の片割れ。上記にもある通り劇場版でもその存在が示唆されている。因みに会話の内容から劇場版では既に撃破されていた模様。

彼岸花

SIREN:「赤い海」繋がり
サイレントヒル1と3、及び映画版:とある理由で善と悪に分離したキャラクター繋がり

似たような人たち
ジガルデ:アニメでは二つのコアがそれぞれ真逆な考えを持っており、その後の状況もかなり類似している。
ネクロズマ:過去に起きた出来事が原因で本来の使命を果たすことができずに暴走してしまった点や膨大な何かを吸収して新たな姿になった点から見るとこちらも近い。
騎士ガンダム サタンガンダム:「善悪に分かれてしまった同一人物」と似たような存在。そしてこちらも最終的には善悪が融合して一つの存在に戻った
吹雪士郎:別れてこそいないものの二つの人格が最終的に一つになったパターン。それだけなら繋がりは薄いが名前が同じという最大の共通点があったりする。
ピッコロ(ドラゴンボール)地球の神が切り捨てた悪の心の生まれ変わり。最終的に神と一つになり元に戻るなど似たような点が多い。
ウルトラマンギンガ/ダークルギエル:示唆の範囲に留まるが、とある価値観の違いにより善悪に分裂した存在。ただしこっちは悪のほうを殲滅してしまったが。
天草四郎時貞とある格ゲーでは途中で善悪が分離し、善側が悪側と再び一つになるために行動を起こした。当人のストーリーではよくわからないが、一応善悪が一つに戻ったらしい(が、特にパワーアップとかしたわけでもなく即座に封印され、後に封印を脱して覇王丸を助けに来たがやっぱりすぐやられている)。
宝生永夢/パラド:途中で一つの存在だったことが発覚した存在(厳密にはもっとややこしい経緯だが割愛)。永夢のほうは記憶があやふやになっているなど共通点が見受けられる。最終的には和解し、共闘している。
アレッサ/サイレントヒル:教団に火あぶりにされた憎しみから魂が善の部分と悪の部分に分離。ゲームと映画ではストーリーは異なるが、どちらも再び一つに戻っている。



















※以下、最後のネタバレ























その後、吹雪は忘れていた自身の所属していた艦隊名を思い出す等の変化が表れている(それに合わせて編成されたメンバーは特型の長女達となっている)。
また、出撃の際に自身の胸に語り掛けていることからやはり彼女も今の吹雪の中にいるのだろう。
物語のラストの如月がそうであったように彼女も共に水上で戦うために…。



ところでこの手の融合パターンは元ラスボス側の力が当人の物になることが結構あるのだが果たして…

吹雪
【感想】劇場版見ました【ネタバレ注意】


これらのように新たなる力に目覚める可能性も、無きにしも非ず…

勿論逆に吹雪が深海吹雪と同化した為、今まで深海吹雪が持っていた定めの軛が吹雪に戻ったことで他の艦娘の運命に介入する力を失くしてしまったパターンの可能性もある。
(引き続き続投するかは別として)これらの要素がアニメ二期でどう影響してくるのか…。


また、人の見方によってどうとらえるか異なるが後日談での出撃の際によく見ると以前より吹雪の胸が若干膨らんでいることが確認できる
あれだけきつく束縛した影響なのか、彼女の力が働いたのか、或いはそれが一つに戻った本来の吹雪の形なのか、すべての真相を知っているのは彼女達のみだろう。



彼女たちが見つけた「犠牲を出すことなく戦いを終わらせる」という目標を達成するにはまだまだ時間がかかりそうである。


  それでも…







「大丈夫だよ、私必ず取り戻すから…静かな海を…

               イツカ…カナラズ…」

pixivに投稿された作品 pixivで「深海吹雪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 827241

コメント