ピクシブ百科事典

深海加賀

しんかいせいかんとかしたかがさん

深海加賀とは、文字通り深海棲艦化した加賀さんのことである。
目次[非表示]

概要

艦隊これくしょん』には、かねてより「深海棲艦の正体=轟沈した艦娘の成れの果て」という説があった。そして、艦これ運営が年に4回ほど期間限定で開放するイベント海域の海域ボスとして登場する鬼・姫級の中には、「瑞鶴と同じくツインテールを持ち、声帯の妖精さん鶴姉妹と同じくする泊地棲姫』」や「艤装のデザインなどが大和とどことなくイメージが重なる『南方棲戦姫』」など、艦娘たちと何かしらの関係がありそうな深海棲艦が多数登場していた。

そんな中、赤城加賀蒼龍飛龍といった第一・第二航空戦隊の正規空母が一斉に撃沈されたミッドウェー海戦をモチーフとしたイベント「AL作戦/MI作戦」が、2014年夏に満を持して開始された。

そのMI作戦のラスボスというべき深海棲艦として登場した鬼・姫級は、「加賀とよく似たサイドテールを有する『空母棲姫』」であった。加えて、この空母棲姫以後、ゲージ破壊時に流れるセリフに「深海棲艦特有のエフェクトが最後だけ解ける」という演出が導入され、深海棲艦が艦娘へと浄化する様が仄めかされるようになった。


その他、それ以前の海域で登場した中間棲姫が赤城に酷似していたこともあり、「これらの2キャラは赤城(中間棲姫)と加賀(空母棲姫)が轟沈した成れの果てではないか」という説が少なからず挙がっている。

尤も、中間棲姫の声を担当していたのは、赤城の担当声優である藤田咲ではなく、同イベントで実装された雲龍大淀磯風の担当声優として新たに参戦した川澄綾子であり、藤田咲が担当していたのは空母棲姫の方であったため、一概にこの理論が当てはまるわけではなさそうだ。

余談 

この空母棲姫のゲージ破壊台詞は公式4コマでもネタにされ、彼女の散り際のセリフを聴いた霧島は「かつてミッドウェー海戦で撃沈された加賀の成れの果てなのでは?」と懸念する様を見せたが、肝心の加賀は「装備スロットが5つあることや、大きな胸部装甲が手に入るのは魅力的」だとし、あまり気にしない様子を見せていた。





















※ここから先は劇場版『艦これ』の重大なネタバレとなっております。



































まさかの公式化

劇場版『艦これ』にて、驚きの展開が待ち受けていた。
艦娘は撃沈されると深海棲艦となり、深海棲艦が撃沈されると艦娘になる場合がある」(作中では「D案件」(おそらくドロップの頭文字)と呼ばれている)という設定が(今更ながら)明かされたのである。
さらに、この説明を吹雪たちにした加賀自身も、一度轟沈し深海棲艦になったが、再び撃沈されて艦娘に戻った過去があったと判明する(深海棲艦が撃沈されて艦娘になるときは稀にだがその記憶を引き継ぐ場合があり、加賀は記憶を引き継いでいた)。

しかし、(少なくとも劇場版においては)これだけ加賀の深海棲艦化に関する苦悩をはじめとする伏線が多数張られたものの、物語の主軸は「アニメ本編中で轟沈したのち帰還した如月の深海棲艦化」「アイアンボトム・サウンドでの艦娘と深海棲艦たちとの死闘」及び「吹雪と海域の異変の元凶の直接対決」だったため、深海棲艦化した加賀の苦悩の日々は彼女自身の悪夢や回想シーンのみで済まされ、「加賀が如何にして、艦娘として再び帰還できたのか」という(おそらくだが)視聴者が詳しく知りたかったであろう件に関する描写は一切なされなかった。 

…瑞鶴もかつて同様に轟沈したと思われる描写がある事だし、せめて彼女と絡めてこのぐらいは描いてくれてもよかったのではなかろうか。

艦これ映画の瑞加賀妄想



まあ実際のところ限られた時間で上記の主軸をメインに制作しなければならなかったため仕方ないことではあるのだが…。

二次創作として生み出されたオリジナルストーリーを見たり、望みは薄いがスピンオフで描かれる事に期待するのもまた一興であろう。

それでこそ艦これという作品の一つの魅力である。

考察

と、上記の通り劇中で深海棲艦化したことが判明した如月と吹雪とは違い、詳しい描写はなかったものの、劇中だけでもいくつかわかる部分がある。

  • 運命の軛のタイミングがずれていた
アニメでもわかる通りMI作戦以前は運命の軛と呼ばれる力でほぼ史実通りに話が進んでいた(MI作戦では吹雪が本来持つはずの運命の軛をもう一人の吹雪が持っていたため史実からそれたと説明されている)。しかし、劇中の加賀の話の内容から加賀はそれ以前に一度轟沈していたので本来辿るはずの運命の軛のタイミングがずれていることになる。あくまで予測だが、加賀はパラオ泊地で海図にない暗礁に座礁して艦底を損傷したせいでセイロン沖海戦には参加しなかったことがあり、一度深海側に回って再び艦娘に戻った経緯にはこれが関係している可能性もある。
  • 吹雪の特異性に気づいていた?
劇中で吹雪がアイアンボトム・サウンドの変色海域でダメージを受けてないことに真っ先に興味を示したのは加賀であり、吹雪に色々と質問をしていた。一度沈んで記憶を受け継いだ加賀は吹雪の特異性に気づいていた可能性もある。その証拠に彼女が深海棲艦化していた時に願っていたことは……
 因みにアニメでの件で信頼度が高まっていたのか、劇場版では吹雪のことを呼び捨てにしていた(アニメではさん付け)。

余談

Animelo Summer Live 2017 THE CARDにて西沢幸奏氏が劇場版主題歌「帰還」を歌った際に劇場版の映像が流れたのだが、当時DVD/Blu-ray版発売前だったためかネタバレを綺麗に避けた結果、深海加賀がメイン敵役のように扱われた



関連タグ

艦隊これくしょん 艦隊これくしょん(アニメ)
轟沈 深海棲艦化 艦隊これくしょん(劇場版)
加賀(艦隊これくしょん)


中間棲姫空母棲姫:それぞれ関連が疑われた深海棲艦。

pixivに投稿された作品 pixivで「深海加賀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21869

コメント