ピクシブ百科事典

犬童四郎助

いぬどうしろすけ

犬童四郎助とは、ゴールデンカムイに登場する人物。 北海道の網走監獄を取り仕切る
目次[非表示]

CV:土師孝也

概要

物語の発端となった網走監獄の典獄。
アイヌの埋蔵金を目当てにのっぺら坊を監禁しており、職務に対して忠実である一方で、元・明治政府側の人間で、箱館戦争で兄を亡くしたこともあり土方を激しく憎悪しており、彼を屈服させるためあえて処刑せず30年以上もの間収監し続けていた。
土方への復讐の為に三十年以上の長期間にわたって土方を収監するという異常な執念を見せる。

人物

一言で言えば、偏屈な復讐鬼
土方からは、「厳格で潔癖な規律の鬼でありながら自分を私情で幽閉する矛盾を持ち合わせている」と称されており、表向きは土方を死んだことにしながら、三十年以上の長きにわたって土方を収監するという規則違反を犯していた。
また、金塊を狙って第七師団の襲撃が来ると見越し、凶悪犯を収監しているとはいえ、あくまでも一監獄に過ぎない網走監獄内に密かに大量に武器を購入して保管しており、違法な手段で軍資金や最新鋭の武器を入手し監獄を要塞のように武装化させている。
武器購入の資金確保のために違法に囚人を硫黄山で働かせたり、偽ののっぺら坊を作るために、金塊とは無関係な囚人の顔を剥ぐなど、目的のためなら非人道的なことも厭わない。
その性格と行動故に、囚人の一部(特に都丹庵士)からは命を狙われるほどに恨まれている。

活躍

最初に活躍したのは、永倉新八土方歳三の過去の回想。
樺戸監獄の看守たちに剣術の稽古をつけていた永倉は、そこで偶然死んだとされていたはずの土方とすれ違い、そのことを永倉が問い詰める為に彼の元に訪れたのが、劇中で最初の活躍。
怒り狂う永倉に、樺戸に収監された土方を秘密裏に幽閉していた事実を教え、全てを奪った彼の瞳から光が失われた時に処刑しようと企み、自分が網走監獄に転属する際も土方を網走に移送した。

その後、土方がのっぺら坊の計画に乗る形で網走監獄を脱獄したのちは、網走監獄の武装化と言う暗躍し、鶴見中尉が手を回して潜入させた宇佐美上等兵の監視の為に門倉看守部長を付け、門倉に宇佐美を消す様に命令する。
鶴見中尉による網走監獄襲撃では、教誨堂にて土方と交戦する。

その際に土方から、犬童が土方を憎んでいるのは、実兄を殺されたことではなく、自分たちは武士の身でありながら徳川を裏切り武士を捨てたが、土方達は農民出身でありながらも徳川を裏切らずに武士道を貫いたという歴史を貫いたという歴史であると看破される。

その後、土方に敗北し、彼が侍であること認めた上で土方の手によって断頭される。

関連タグ

復讐鬼 網走監獄

関連記事

親記事

ゴールデンカムイ ごーるでんかむい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「犬童四郎助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1271

コメント