ピクシブ百科事典

百億の昼と千億の夜

ひゃくおくのひるとせんおくのよる

光瀬龍のSF小説。またそれを原作とした萩尾望都の少年漫画。

概要

『SFマガジン』に1965年12月号から1966年8月号まで連載された光瀬龍SF小説。
宗教救済をテーマとした壮大なスケールで知られる。

萩尾望都による漫画版は『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、1977年34号から1978年2号まで連載された。こちらも傑作として名高い。

大きな特徴として、元来は男性神である仏教阿修羅が、凛々しい少女神として描かれている点が挙げられる。

あしゅら
何を見て来た 悉達多!



その他の主な登場人物は、オリオナエ(プラトン)、シッタータ(ゴータマ・シッダールタ)、ナザレのイエスイスカリオテのユダポセイドン帝釈天など。

関連タグ

SF 光瀬龍 萩尾望都 阿修羅

pixivに投稿された作品 pixivで「百億の昼と千億の夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2148

コメント