2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

『プチフラワー』(小学館1992年5月号に掲載された萩尾望都漫画
を愛することができない母親と、母親から愛されない
お互いを愛したくても愛せない親子葛藤と確執を、シュールファンタジー要素を絡めて描いた短編(読み切り)である。

テレビドラマ

1996年4月から6月にかけて、テレビ朝日系列局(一部系列局除く)にて月曜20時台に放送された。出演は菅野美穂榎本加奈子川島なお美草刈正雄ほか。
読み切り漫画のドラマ化ゆえにかなりオリジナルの要素が加えられた。

初回こそ7.9%と、当時のテレビ朝日の月曜20時台にしてはこんなもんだろ、と言う成績だったのだが、その後は徐々に数字を上げていく。そして最終回では20%近い数字をたたき出し、何と「水戸黄門」第24部(TBS系列局)や「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」(フジテレビ系列局、ただし一部系列局除く)や「世界まる見え!テレビ特捜部」(日本テレビ系列局他)に勝ってしまった。

あらすじ

青島リカは、周囲から見ると普通少女なのだが、リカ本人にはに映る自分の姿が、子供の頃からイグアナにしか見えない。
母親の青島ゆりこの目にも、リカの姿が醜いイグアナにしか見えず、どうしてもを愛することができずにいた。しかし次女のマミは普通の人間の赤ちゃんに見えるため、ゆりこはマミだけを溺愛し、リカには冷たく接し続ける。
リカは自分がイグアナだから母親にも愛されず、恋愛もできず、幸せになれないと思い込んで成長していくが…。

エピソード

萩尾望都自身が苦しんだ、母親との対立に取り組んだテーマである。
漫画という表現に認めてもらえず、また常にと比較されては怒られて育ったため、母親への反発心を抱えたまま漫画家としてデビューしたが、自身の作品にどうしても「母親」を登場させることができなかったため(作中では常に母親は不在であるか、死亡する)、心理学を学んだり、親殺しをテーマとした作品を描くなど、親からの解放を模索していく。その延長にあるのが本作となる。

関連タグ

萩尾望都 菅野美穂

関連記事

親記事

萩尾望都 はぎおもと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました