ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

純さく

じゅんさく

『ゾンビランドサガ』に登場する、源さくらと紺野純子のコンビおよび百合カップリング。
目次 [非表示]

概要

『ゾンビランドサガ』の登場人物、源さくら紺野純子のコンビおよび百合カップリング。


一見すると、さくらは「アイドル志望だった平凡な女の子」、純子は「伝説昭和のアイドル」と、不釣り合いなようにも見えるかもしれない。


しかし、さくらの誰にでも話しかけられる社交性が、内向的な純子の心を開かせ、第4話では共に美肌のおまじないとして鯰の置き物に水をかけたり、温泉に入ったりするなど徐々に仲が良くなりつつあった。


そして、極めつけは、第6話。時代が違うために異なるアイドル像からと大喧嘩し洋館を飛び出した純子を追いかけ、自身のゾンビィバレのリスクも承知で彼女の帽子を拾いに海に飛び込んだ末、彼女の死の真相を唯一語られた。秘密を共有した間柄となったのであった…

(なお、同時期に別のカップルも秘密を共有した間柄へと発展していた)


さらに、その次の第7話。アイドルとして大舞台に立つ決意をした純子を無情にも跳ね飛ばしてしまったロケバス…その姿は、まさに物語冒頭でさくらを死に至らしめた事故そのものであった…これは、さくらも飛行機から落ちる展開が来るか…?


実年齢差

さくらは17歳、純子は19歳とゾンビィとしての年齢は2つしか違わないが、事故で死去しなかったとすると2018年時点でさくらは26~27歳、純子は53~54歳と親子ぐらいの年齢差が実はあったりする。


しかし、うら若き肉体のまま蘇った彼女たちにそんなことは関係ないのだが。


なお、中の人たちは同い年であり、下記のような中の人ネタのイラストも多数投稿されている。

伊万里湾大花火、さくらと純子


また、この2人、アイドルアニメである本作のメインキャラを務めるにもかかわらず、歌声をスタッフの中の誰1人として聞いたことがないという問題があった。そのため、配役に内々定した後に、最終オーディションと称した2人の歌声を披露するためだけの場が設けられたことがインタビューで明かされている。


事故に縁深い2人

さくらは軽トラによる交通事故、純子は飛行機事故でそれぞれ若い生涯を閉じており、死んでからもこの不運っぷりは続いていることが物語中で描写されている。

というのも、この2人、先述の通り、車に跳ね飛ばされるという貴重な体験をゾンビィになってからもしているのだ…


しかも、さくらは生前の死因と同じく何も積んでいない猛スピードの軽トラだったからまだしも、純子は「フランシュシュの仲間6人+幸太郎が乗ったライトバン」という明らかに衝突時のダメージの重みがエゲツないものに跳ねられているのだ…


とりあえずこの2人は、美容・健康・皺退散のおまじない以前に、交通安全のおまじないを念入りにかけられることをオススメする…


才能の塊

ゾンビがアイドルをやる、という無茶苦茶なコンセプトをした本作ではあるものの大事なライブをボイコットしかけるほどの暴挙に出たのは、実はこの2人だけだったりする。

(純子は6〜7話のサガロック、さくらは11〜12話のアルピノライブでそれぞれボイコット未遂を犯している)

ただし、どちらも本番直前になると紆余曲折を経て参加を決行し、それまで他との練習の差があるであろうにまったくブランクを感じさせないパフォーマンスを見せ、大成功を収めてもいる。


なぜこの2人が生きて、評価されることがなかったのか…


関連タグ

ゾンビランドサガ フランシュシュ

源さくら 紺野純子

コンビ 百合

関連記事

親記事

ゾンビランドサガのコンビ・グループ・カップリングタグ一覧 ぞんびらんどさがのこんびぐるーぷかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 947883

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました