ピクシブ百科事典

緑青アオイ

ろくしょうあおい

緑青アオイは、『NARUTO』のアニメオリジナルの登場人物である。アニメ102話から106話に登場している。
目次[非表示]

CV:置鮎龍太郎

概要

アニメオリジナルの102話から106話の「茶の国編」に登場した雨隠れの上忍。
元は木ノ葉隠れの上忍で、拷問と尋問のエキスパートとして知られる特別上忍森乃イビキの実弟・森乃イダテの担当上忍だった。
中忍試験を受験して一次試験で落ちた部下のイダテを騙して秘伝忍術の巻物と二代目火影・千手扉間も使用した雷神の剣を盗ませ、自身はそれを手土産に雨隠れへと抜けて雨隠れの上忍となる。
その結果、森乃イビキは拷問を受けて現在の様な異様な風貌へとなり、イビキの弟イダテは抜け忍となってしまい、茶の国の顔役・ワサビ次郎長の配下となる等、森乃兄弟にとっては怨敵となっている。

アニメ本編での活躍

茶の国の顔役を決める為のレースが開催された際、ワサビ次郎長側の森乃イダテの護衛をする為にナルト、サスケ、サクラ達7班が担当するのに対し、次郎長の対立候補であるワガラシ九六側に雇われ、配下にかつて中忍試験でナルト達と戦って敗れた篝、夢火、朧の三位一体組を率いて登場。かつての部下であるイダテの前に立ちはだかった。

使用技

この当時の雨隠れの忍らしく、背中にカラ傘を背負っており、雨隠れのおじさんことシグレが使用した如雨露千本を披露している。また、雷神の剣も得物として使用。ナルト達7班を苦戦させている。またシグレとは違い、この技を補助忍術として扱う為か然程破壊力は無い。

余談

彼とイダテの関係は、中忍ミズキとナルトの関係と酷似しており、言ってみれば「悪事が上手くいったミズキとそれによって切り捨てられたナルト」のif的なものとなっている。
アニメオリジナルのエピソードはこの手の物が結構多い。

ある人物との関連性

雨隠れは本来内戦状態を恥とし、他国に知れ渡らない様配慮を怠らない徹底した秘密主義の隠れ里であり、他国の忍びなど受け付ける様な国では無く、はたけカカシでさえ油断する事のできない物騒な隠れ里であった。
そんな里に緑青アオイ一人で雨隠れの里と契約を交わして仲間入りなるなど皆無に近い状態である。しかし緑青アオイは雨隠れの忍びと結託して、逃走ルートを確保していたりなど計画性は充分であった。だが緑青アオイが雨隠れの忍び達を信じ込ませたものは何なのだろうか?
もしこの一件でバッグに黒幕が在るとして、半蔵と密会し契約を交わすなど木ノ葉隠れでそれが出来る忍びは以外他にいるだろうか?


関連タグ

雨隠れ 森乃イビキ 如雨露千本

pixivに投稿された作品 pixivで「緑青アオイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント